広報気になるニュース:展示会の在り方が変わる!? 展示から体験へ。未来を感じる東京モーターショー(2019.10.24)305

2019/10/24

展示会の在り方が変わる!? 展示から体験へ。未来を感じる東京モーターショー

毎日のように行われている展示会。関東圏であれば、東京ビックサイトや幕張メッセ、パシフィコ横浜など。また、もっと小さな規模で行われている展示会もある。11月24日~11月4日まで開催される『東京モーターショー』。車離れといわれる今、在り方が変わっているようだ。トヨタは「来年発売するクルマはひとつもない」と伝えている通り、展示よりも体験にシフトしているようだ。車の在り方は変わる可能性があり、ちょっと先の未来を体験できるブースもあるよう。「働く車」という言葉があるように、個人が自分のために使うことだけが車の目的ではない。車に限らず、ユーザーの考え方が変われば、展示の仕方も変える。常に柔軟に対応していくことが、新しい未来を作るのだろう。

展示会の在り方が変わる!? 展示から体験へ。未来を感じる東京モーターショー

ポイント
興味を持ってもらうために、ターゲットを広げる

ニュースサイト
【90を超える未来体験ができる!!】FUTURE EXPOは東京モーターショーの隠れた目玉
https://bestcarweb.jp/news/entame/100732

関連サイト
東京モーターショー2019
https://www.tokyo-motorshow.com/

オフィシャルグッズ
https://www.tokyo-motorshow.com/goods/

トヨタ 豊田社長「トヨタブースに来年発売するクルマはひとつもない」…東京モーターショー2019
https://response.jp/article/2019/10/23/327918.html

【東京モーターショー2019】広大な会場の攻略法と出展車一覧|最新情報更新
https://car-moby.jp/353875

鈴鹿サーキット|ゴールデンウィークのりもの大集合|働くクルマ大集合!!
https://www.suzukacircuit.jp/gw_s/2019/work/

私見
地元に住んでいた時は、車がないと厳しく車を使っていたが、上京してからは車を持つことなく、暮らしている。赤い車を格好よく乗りこなしてみたい、という思いもあるけれど、車の運転の若干の心配も。おそらくこの先も自分で車を持つことはないだろう。また、若い世代も、車離れといわれる時代。こぞって車を買った男の子たちの姿はそこにはない。ただ、車にはさまざまなものがあり、機能も日々進化している。モーターショーで見せるものが変わってくのはとても自然なことなのかもしれない。より多くの人に関心を持ってもらうための工夫、まさにそれに尽きるのだ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)