広報気になるニュース:「何もしない」難しさ。何かしたことを他者承認してもらう時代から変化するときへ(2019.10.22)303

2019/10/22

広報気になるニュース:「何もしない」難しさ。何かしたことを他者承認してもらう時代から変化するときへ

2019年10月22日。「即位礼正殿の儀」のため休日です。お祝いの何かに参加される方もいらっしゃると思いますが休日の今日、何をしていますか? という問いがこのニュースの答えかもしれません。特別な日なので、テレビを見ている方も多いかもしれませんし、休日(今日)が休みではない方には当てはまらないのですが。意図して用意しないランダムに選んだ休日を見たときに自分は何をしているか? していないか? 一歩引いて自分を見てみてはいかがでしょうか? “日本人に定着しなかった北欧風のライフスタイル”と書かれている通り、「何もしない(niksen)」ことを日本人は、ネガティブなことと思いがち。動いてこそ、挑戦してこそ、が良しとされる時代。もちろん、本人が希望して、どうしてもやりたくて、という場合は、ストレスにもならず、楽しく過ごすことができるだろうが、他者からの目を意識して行っているのであれば、それが無意識であってもストレスにしかならない。「何もしないことは素晴らしいこと」という考え方が、逃げではない良い意味で使われる日が、日本に来るのか? 「niksen(ニクセン)」を良い形で取り入れることができれば、とこの記事を読んで思うとともに、何もしない自分を責めることを辞められそうなと嬉しくなった。「何もしない」は、瞑想・禅に繋がる気がする。

「何もしない」難しさ。何かしたことを他者承認してもらう時代から変化するときへ

ポイント
休日の今日。何をしていますか? それが今のみなさんの答えかもしれません。

ニュースサイト
オランダ流「何もしない」はこんなに効果的、自分を義務感や生産性から解放しよう
https://www.businessinsider.jp/post-200817

関連サイト
オランダの概念「niksen」に学ぶ「何もしない」方法
https://www.lifehacker.jp/2018/02/learn-how-to-do-nothing-with-dutch-concept-of-niksen.html

グーグルを劇的に変えた高速仕事術「スプリント」って?
https://diamond.jp/articles/-/122992

山本 直子について:MarkeZine(マーケジン)
https://markezine.jp/author/1034

バーンアウト症候群とは | アスク・ヒューマン・ケア
http://www.a-h-c.jp/article/4958

燃え尽き症候群を引き起こす6つの要因と対処法
https://www.dhbr.net/articles/-/6040

「燃え尽き症候群(バーンアウト)」とは。症状やチェック方法、対策について
https://job-medley.com/tips/detail/894/

私見
facebook疲れという言葉が、このニュースに繋がる気がするのは私だけだろうか? 正直、ある時からfacebookを見るのは辛くなり、広報としてはやらなければと思いつつ積極的に投稿できない状態になっている。なかなか会えない人の近況を知ることができたり、情報収集できたりと便利であるものの、キラキラする誰かの投稿を見るたびに、無意識に比べてしまい、落ち込むことも多々ある。私はおそらく無意識に「何もしない(niksen)」をしていたのだが、それを悪ととらえていた。モノを創る仕事をしながらも、単純作業は今も大好きで、編み物好きな頃はそれで無になる達成感に魅せられたこともある。そんな私は、休日を気付けば何もせずぼんやり過ごすこともあるのだが、夕方になると一日を無駄にしたのではないかという恐れがやってきていた。しかし、無駄になっているのではなく、その中で何かしら得たものがあるという考え方もできる。今回のニュースは、私の背中を押してくれた。集中して何かをする分、何もしない時間も大切にしたい。そして、誰かに見せるため(そんなつもりはなくても)の特別を目にして落ち込む自分、責める自分から卒業できそうだ。自分の在り方を決めればいいだけだ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)