広報気になるニュース:地方、地域が注目される今、ブームではなくムーブメント。ワインツーリズムやまなし(2019.10.9)290

2019/10/09

地方、地域が注目される今、ブームではなくムーブメント。ワインツーリズムやまなし

地方や地域は、人が減り衰退していくという時期が続いた。都心に人が集まりすぎる状態。しかし、働き方が変わり、リモートやテレワークなど、地方や地域の在り方が変わってきている。しかし、すべての場所ではない。声を上げ、正しい情報の発信を始めた地域からの変化してきている。今日は、葡萄の産地である山梨でワインを伝える活動するニュースを取り上げた。どんな町にも、何かしらの魅力があると思う。何もないことさえもきっと魅力だ。その場所をそっとしておくことも在り方。しかし、伝えたいことがあれば行動することと発信することで、それぞれの場所に人を集めることが可能な時代だ。その土地がどうありたいか自治体とともに考える時だ。自治体主導、民間主導、どちらもあるが、互いが力を合わせる状況を作ることが欠かせない。

地方、地域が注目される今、ブームではなくムーブメント。ワインツーリズムやまなし

ポイント
地方・地域は今、魅力的に変わるチャンスを秘めている。

ニュースサイト
ワインツーリズムが補助金ゼロで続けられる理由
https://webronza.asahi.com/business/articles/2019100400002.html

関連サイト
ワインツーリズムやまなし2019・秋
https://www.yamanashiwine.com/

山梨ヌーボーまつり – 山梨県ワイン酒造組合
https://wine.or.jp/nouveau/event/

ワインの国 山梨
https://wine.or.jp/

山梨ヌーボー祭り2019|11月3日解禁 日比谷公園にて開催!
https://wine-kyokasyo.com/yamanashi-nouveau2019

私見
ボジョレーヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日。この日は、多くのワインファンが0時を待って乾杯をする。数年前に、知人が開催するイベントに参加し、11月3日が山梨ヌーボーの解禁日だと知った。山梨のワインが70種類ほど集められた会場のワインを少しずつ試飲した。山梨ヌーボーという言葉を知ったのもその時だ。そして、今年も11月3日に日比谷公園でイベントが開催される。解禁日を祝日することで参加しやすくなる。ニュースを読んで、山梨の県庁所在地である甲府が、日本で1~2を争う人口の少ない県庁所在地であることを知った。そのことに危機感を覚えた人たちが動きはじめたのがこの動き。山梨には葡萄という強みがあり、ワイナリーも多い。個々で発信するのではなく、情報を集め、県外の人に分かりやすく伝えることで、山梨がワイン県になった。きっと動いた地域から、方法次第で変わっていく。ただ、忘れていけないのは地元の理解と協力。勝手な行動は協力を得られない。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)