広報気になるニュース:急いでどこにいくのか? 便利とは何か? 「持続可能な」と謡いながら、急ぐ人たち。(2019.9.29)280

2019/09/29

急いでどこにいくのか? 便利とは何か? 「持続可能な」と謡いながら、急ぐ人たち。(2019.9.29)279

いつから人はこんなにも急いでいるのか? いや、急がされているのか? リニアが走るようになると、東京と我が故郷名古屋は40分の距離になる。便利といえば便利だが、何のために急いでいるのかを考えてしまう。まさに心の矛盾だ。それは、忙しくすることに酔うことで、なんとか自分を保ちながら、反対で日がな一日、PCやスマフォから離れて、ただただ海と空に囲まれていたいと願ったりする。しかし、現実にはスマフォを手放すことはほぼない。また、3連休などがあると、何をしますか? の質問に、「ウーバーイーツとネットフリックスがあれば事足りる世の中」という言葉が書かれている。まさにだ!
そして、飛び恥(Flygskam)という言葉、飛行機を使うことを恥じるというものだ。16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが、語った言葉にもあるように、地球の現実を考えると、便利ばかりを優先するわけにはいかない。世界中を飛び回ることが格好良かった時代は、終焉を迎えるかもしれない。また、それを自慢げに語る人たちも、やがて残念な人になるのかもしれない。
夜行列車で、その場で出会った人たちとコミュニケートしながら時間に追われず、目的地を目指すのは、今では何より贅沢なことだ。

急いでどこにいくのか? 便利とは何か? 持続可能なと謡いながら、急ぐ人たち。

ポイント
SDGs、CSR。目標と現実。人は何を幸せを感じるのか? そして「飛び恥」という言葉。

ニュースサイト
ものぐさ資本主義と反飛行機運動。
https://asm.asahi.com/article/12741211

関連サイト
Netflix (ネットフリックス) 日本
https://www.netflix.com/jp/

Uber Eatsのフードデリバリー
https://www.ubereats.com/ja-JP/

「エアポート投稿おじさん」空港での写真をFBにUPするオジサンが話題
https://breaking-news.jp/2018/05/02/039851

飛び恥(Flygskam)とは?
https://www.hiroiyomi.com/tobihaji/

なぜ消えた? 夜行列車が衰退した理由 毎日運転は2本だけ(2018.06.22)
https://trafficnews.jp/post/80504

ウエスト エクスプレス WEST EXPRESS 銀河(2020年春より運行開始予定)
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/190319_00_ginga.pdf

私見
時間は買えない。時間だけは返してもらえない。ということを私自身よく書くのだが、その時間がの使い方の概念は、人それぞれだ。時間がもったいないの考え方も、だからより速いスピードのもので移動する。無駄な待ち時間を節約する、と考えがちだが、ゆっくり移動することで得られる体験や経験もある。また、無駄な待ち時間も使い方次第で無駄ではなく、とても有意義なものになる。モノゴトは常に多面的だ。何が良いかは、それぞれ自分で決めればいい。これがベストというのは人の数だけあって、押し付けられるものではない。そして、今はそういう時代だ。自分で決める。夜行列車が減っていき、淋しいと思う人もいれば、誰が乗るの? と思っている人もいるだろう。実際、夜行列車で安価に旅をするというよりも、今では夜行列車は贅沢な旅となっている部分もある。2020年に運航を開始するWEST EXPRESS 銀河を見て、驚いた。これは、一般的な夜行列車ではなく、超高級列車だ。人は、どこに向かっているんだろう? 何を幸せを感じるのだろう。決められたステレオタイプの幸せという名のものにならないことが幸せであることも自分で気づいてほしい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)