広報気になるニュース:元号変更に関わる旅行ビジネス。124ヶ所の歴代天皇陵を巡る旅(2019.9.22)273

2019/09/22

元号変更に関わる旅行ビジネス。124ヶ所の歴代天皇陵を巡る旅

令和になって5ヶ月以上。まだまだ新元号に関わるビジネスの可能性はある。今日、紹介するニュースは、まさに企業が創り出したもの。場所はずっと以前からあったけれど、すべてを巡るという発想はなかった。124ヶ所の天皇陵を巡るツアー。人はコンプリートをすることが好きだ。そんな心理を付いている。また、御朱印ブームにも乗った、御陵印をいただけくということもポイントだ。そして、何より勉強になる。天皇陵が124ということも今回初めて知った。そして、そこを巡ることができることも。阪急交通のツアーだが、類似のツアーが他社から出るかもしれない。すでにツアーはスタートしており、募集も行われている。元号が変わったことで、改めて意識するようになったことをビジネスにする。これは発想のひとつとして大切なことだ。ただ、そのビジネスに興味を持つ人がいることが条件だ。

元号変更に関わる旅行ビジネス。124ヶ所の歴代天皇陵を巡る旅

ポイント
ビジネスは作るもの。ニュースは作るもの。旅行業界初の初のツアー

ニュースサイト
歴代天皇陵を巡る=全124カ所、改元記念ツアー-阪急交通
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092100142

関連サイト
天皇陵 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/

阪急交通社
https://www.hankyu-travel.com/

歴代天皇 御陵巡拝 第2回 奈良 日帰り
全国各地に存在する歴代124代の天皇陵へご案内!
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_hei=20&p_course_id=77202

歴代天皇 御陵巡拝 第6回 大阪 日帰り
全国各地に存在する歴代124代の天皇陵へご案内!
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_hei=20&p_course_id=77206

天皇陵めぐりのお供に『御陵印(ごりょういん)』を
http://small-life.com/archives/11/06/1820.php

御陵印(陵墓印)とは
https://goshuin.net/ryoin_1/

御陵印のいただき方 | 古今御朱印研究室
https://goshuin.net/ryoin_2/

私見
2013年の式年遷宮の際には、友人と共同主宰をしている神社女子会『神楽女会』に、いくつか取材依頼をいただいた。神楽女会は、式年遷宮を意識して立ち上げたものではなく、単に神社好きの女性2人が出会ったことで生まれたもの。それまで神社好きということは、あまり声を大にして言うことではなかったし、神社好きということはあまりメジャーなことではなかった。しかし、ブームというものはやってくる。神社女子という言葉ができ、その後、御朱印ガールという言葉もできた。何が起こるか分からない。また先日は、お城でいただく御城印の紹介もした。今回は御陵印。人は収集することが好き。コンプリートをすることも好き。天皇陵は、124と数字が明確なので、コンプリートの気持ちも高まる。そこをビジネスにしているように思う。コンプリートという言葉を使うのは、大変失礼だと思いつつも、まさにその発想だ。
これまであまり興味を持たれることがなかった、とても意味のある場所に、ツアーをきっかけに人が足を運び、情報を拡散していくことは、意味があることだと思う。今ある日本は、今できたものではなく、脈々と続く歴史の上にあるのだから。令和5ヶ月目。まだまだビジネスは生まれそうだ。そして、広報担当者は、それをどう伝えるかを考えていく必要がある。元号変更というスペシャルな年にしかできないことを。モノも良いか、今は体験を飼う時代。体験にも目を向けてほしい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)