広報気になるニュース:派手さではない魅力。懐かしさと新しさの共存。ココアシガレット(2019.9.19)270

2019/09/19

派手さではない魅力。懐かしさと新しさの共存。ココアシガレット

ある年齢層の人たちなら、知っているだろう「ココアシガレット」。子供は大人が持つものを好む。今ならスマフォだろうか? 私の世代は、まさに煙草だった。今はその時代ではなくなってしまったが、この煙草を模したチョコレートは、まさに子供の憧れだった。そして、正直、まだあることに驚いた。駄菓子の威力。そして、あいみょんによるSNS投稿により、若い世代にも一気に広まる。しかし、それだけではない、企業協業や経営手腕。訪日外国人からの人気。まさにインバウンド。そして、新たな商品への挑戦「IQOS(アイコス)」ならぬ「myCOS(マイコス)」。そして、「子供が手の届く価格」、「子供の夢をかなえるのが駄菓子屋の使命」という精神。経営者が貫く企業姿勢が垣間見える。

派手さではない魅力。懐かしさと新しさの共存。ココアシガレット

ポイント
粛々と継続しつつも企業規模を広げ、他社との協業による経営

ニュースサイト
「ココアシガレット」が人気再燃 老舗駄菓子会社のしたたか経営
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00593/?P=1

関連サイト
【駄菓子と子供菓子の】オリオン株式会社
https://orionstar.co.jp/

あいみょんのTwitter投稿
https://twitter.com/aimyonGtter/status/1098230799936024576

ココアシガレット
https://orionstar.co.jp/archives/products/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

マイコス
https://orionstar.co.jp/archives/products/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B9

私見
正直、懐かしい! の一言に尽きる。そして、経営者の強い思い、企業の在り方を改めて考える。簡単に情報が流れ、楽して稼ごうなんてことではなくて、労働というものを。そして、革新していくことを。個人的に最近、お金を稼ぐという方法に、ある場所で違和感ももっていた。それは、私が望む方法ではないのかもしれないと思っていた。もちろん、人は生きていかなければならない。しかし、世の中そんなに甘くないよ。なんでみんな不労所得とかすぐにいうの? そして、ものの売り方への疑問。そんなことがこの記事で解消されたような気がする。やはりできないことはできない。無理はやめよう。そう思って、ここ数日、リセットしてきた。つまり、子供の頃の思いは、大人になってもちゃんと根付いてる。そんな駄菓子で、脈々と進化する企業に力をもらった。ココアシガレット食べたい!

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)