広報気になるニュース:カリスマでなくていい。少数のコアファンと地道なDM活動で売り上げ記録を更新。レディアゼル(REDYAZEL)@新宿ルミネエスト(2019.8.28)248

2019/08/28

カリスマでなくていい。少数のコアファンと地道なDM活動で売り上げ記録を更新。レディアゼル(REDYAZEL)@新宿ルミネエスト

約50平方メートルのアパレルの店舗が1日で1700万円超えの売上を記録した。今日のニュースは、楽をしない地道なPR活動の成果とカリスマでなくてもできることを教えてくれた。サマンサタバサの傘下のアパレル店舗が、オープン初日に記録した数字だ。キーワードは、コアファン。客単価が5~6万という数字からもうかがえるが、商品単価が1万円台であるということは、複数買いをしているということだ。そして、店舗だけでなく、店舗スタッフが客との信頼関係を作り、確実ファンをつけているということ。このファンは強い。ブランドは、同じ商品を多店舗でも販売しているが、ファンにとっては誰から買うかが、肝なのだ。そして、カリスマではないことから、スタッフとの距離も近いだろう。それは、話しながら買えるということにもつながる。一人に50人のファン。店舗スタッフとしては、丁寧に対応するには限界の数字かもしれない。13名のスタッフがそれぞれにファンを持ち、ダイレクトメールというネットに頼らないやり方で、館の単独店舗での売り上げ記録を更新した。ネットに頼りすぎている時代に、学ぶ点が多い。

カリスマでなくていい。少数のコアファンと地道なDM活動で売り上げ記録を更新。レディアゼル(REDYAZEL)@新宿ルミネエスト

ポイント
広報の基本は、ファン作り。ネットに頼らないDMでの数字を伸ばす

ニュースサイト
「レディアゼル」ルミネエスト新宿店の1日売り上げが1700万円超え 館の売り上げ歴代最高を更新
https://www.wwdjapan.com/articles/917013

関連サイト
REDYAZEL|レディアゼル
http://redyazel.com/

REDYAZEL(レディアゼル)|公式オンラインショップ
https://online.burnedestrose.com/bstr/shop/brand/redyazel

新宿ルミネエスト
https://www.lumine.ne.jp/est/

redyazel(Instagram)
https://www.instagram.com/redyazel/

私見
21年くらい前だろうか。某コーヒーショップでアルバイトをしていた。その頃、まだインターネットは今のように普及しておらず、店舗からのアナウンスはハガキだった。店舗が思うような売上を上げておらず、特売日を知らせるハガキをひたすら書いていたことがある。その結果、ある日、目標売上を達成し、その後も数字はキープされた。私が広報という職業を知る前の話である。ただ、のちに、この行為はコンシューマー向けのPR活動だったと思うことになる。チェーン店の一店舗のいちアルバイトが、マスメディアに向けてのPRができるはずもなく、できることはその店に来てくれているお客様へのPR。それをPRとも知らずやっていた自分。意外と地味なことが好きな私は、手書きのハガキを毎月、かなりの数発送した。正直、絵も字も大してうまくはない。ただ、情報は伝える行動をしなければ伝わらない。ただ、それだけだ。知れば来てくれる人はいる。それは積み重なって出た結果だと思う。今回のREDYAZELも、ファンにDMで伝えたことで、足を運んだ人も多いだろう。買うのであれば、その日に、その店で、その人から。これが重なったとき、結果が出るのだ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)