広報気になるニュース:SNS発! 迷惑行為に一手。シヤチハタから「迷惑行為防止スタンプ」(2019.8.27)247

2019/08/27

SNS発! 迷惑行為に一手。シヤチハタから「迷惑行為防止スタンプ」

26日に知り、その後、多くのニュースサイトでも配信されているニュース。27日にはワイドショーでも特集が組まれていた。シヤチハタがSNSからの声に答えて製造した「迷惑行為防止スタンプ」。一般市民の声が、届く時代になったんだと感じざるを得ない。SNSというと、ネガティブな声が多いが、こういった商品開発につながることは広報としては、非常に嬉しく思う。何が売れるかを考えるのが企業側の仕事であれば、何が求められているのかをそれ以前に考えることは、必須だ。求めらていないものに投資をしても残念な結果を生むだけ。小さな会社や個人であれば、クラウドファンディングという形を取ることもできる。多くの人が求める商品やサービスに、企業側が耳を傾ける。社会的存在である、企業のあるべきひとつの姿だ。広報は自社を売り込むことだけではない。社会的責任を果たすことでもある。

SNS発! 迷惑行為に一手。シヤチハタから「迷惑行為防止スタンプ」

ポイント
SNSから生まれる商品。企業にとってSNSは情報収集の場でもある

ニュースサイト
“痴漢対策スタンプ”、シヤチハタが商品化 Twitterユーザーの提案受け開発
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/26/news075.html

痴漢にスタンプ「ペタン!」 特殊インク「光で印影」
https://mainichi.jp/articles/20190827/ddm/008/020/074000c

痴漢をシヤチハタで抑止!「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売、その狙いは?
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/shachihata

関連サイト
シヤチハタ
https://www.shachihata.co.jp/

https://twitter.com/ShachihataBS

「迷惑行為防止スタンプ」テスト販売開始(プレスリリース)
https://www.shachihata.co.jp/pressrelease/2019/meiwakukohi_bohshi_stamp.php

本当に守れる!護身用グッズランキングベスト5【女性必見】(2017年の記事)
https://bokuweb.com/review/self-protection

私見
ラッシュアワーの電車の混雑は、冷静に考えると「人としてどうなの?」と思うことがある。20歳から8年間、当時、日本で一番混んでいるといわれた地下鉄に乗っていた私。痴漢騒動は日常茶飯事だった。友人には、液体(精液)をスカートにかけられた子もいるくらい。常習犯は、その路線を行ったり来たりしているなんて話も聞いた。現在は、会社員でない私だが、週に2日、7時過ぎの電車の乗って仕事場に行っている。この路線もかなりの混雑路線。気づけば30年以上、混雑電車と付き合ってきた。だからこそ、今までなぜ気づかなかったのかと思う。混雑するからこそ、電車内でのいざこざもある。混んだ電車の中では、人は冷静さを欠くこともある。4月には、新入社員や新入学生が、混んだ電車に乗れず立ち尽くす姿を見たこともある。また、ある日突然、パニック障害を発症させてしまう人も。時差通勤が叫ばれるが、なかなか浸透しない。私が7時代に電車に乗るのも一応時差通勤(本来はもっと混んでいる時間帯でも間に合う)だが、その時間でも混んでいる。ただ、これ以上早くしたら職場に入れないという。この2日は、仕事よりも通勤で疲れている自分を感じる。そんな通勤のなかで起こる迷惑行為。少しでもこの商品で改善されることを祈る。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)