広報気になるニュース:電話からネットへ。粗大ゴミ受付もネットで、支払いもオンライン化へ。(2019.8.24)244

2019/08/24

電話からネットへ。粗大ゴミ受付もネットで、支払いもオンライン化へ。

電話をしようと思っていても、気付いたら受付時間を過ぎていたということは多い。特に問い合わせ関係や、予約、定期購入を止めるための依頼などなど。また、掛けた電話がなかなかつながらないということも多い。繋がらないことはストレスにもなり、ネットでできたら、と考えてしまうことも多い。時間を問わないというもの、気楽だ。今回のニュースは、自治体の粗大ごみの受付がネットでできるようになっていたというニュース。実は、気付いていなかった。前回の引っ越し(2年前)は電話していました。今も捨てたい大きなゴミがあるけれど、大きすぎて自分で動かせず、このまま使うか! と思っているものもある。一般の業者に出すと高額になるので悩ましいところ。そして、粗大ごみを出し損ねる理由が、まさに電話の受付時間に電話をし損ねるということと、ごみを出す日に出し忘れるという2つのネックがあった。実際に、いま下にいるんですけれど、と電話をもらって慌てて出したこともある。改めて予約を取りなおしたのかな? ネットでの申し込みは前日にアラートも来るようだ。また、福岡市ではLINEで粗大ごみ収集ができるとのこと。自治体の取り組みとしてはかなり画期的ではないかと。ただ、それ以前にごみを減らす。リサイクル・リユース・リデュースを考えることも大切だ。企業広報としては、ごみの削減への努力や取り組みも今は、ニュースになる。

電話からネットへ。粗大ゴミ受付もネットで、支払いもオンライン化へ。

ポイント

ニュースサイト
粗大ゴミ処分はスマホで楽ちん、炊飯器も5分で廃棄 記者も体験してみた
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190820/mca1908201032010-n1.htm

関連サイト

粗大ごみの出し方(福岡市)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/kateigomi/life/katei-bunbetsu/sodaigomi.html

粗大ごみの出し方(福岡市)粗大ごみ収集をLINEで申し込みできます!
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/kateigomi/hp/LINE-sodaigomi.html

3Rについて | 3R活動推進フォーラム
https://3r-forum.jp/3r/index.html

粗大ごみの出し方 | 世田谷区ホームページ – 東京
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/004/001/004/index.html

私見
便利になっていくことを喜びつつも、人としてのコミュニケーション能力が劣っていくのではないか、という危惧がずっとある。多くのことが、電話ではなくネットで申込できるようになり、「電話をする」という行為が減っていく。コミュニケーションに関する若干の不安もある。もちろん、電話を受ける人の人件費を考えれば、ネットがその変わりになるのは、良い部分もあるのだが。携帯電話は電話だった。しかしスマフォは、電話機能も付いてはいるコミュニケーションツールであり、電話ではないのだ。若い人に限らず、電話が苦手です、という人が増えているように思う。そんな私も、いざ電話すると、しどろもどろになることもあるので、以前に比べたら電話が苦手になっていると感じざるを得ない。また、固定電話から携帯やスマフォになり、直接相手にかかることになり、今掛けて迷惑でないか、と考えることも増えた。そんなこともあり、メールやチャット、メッセンジャーなど、相手が都合の良いときに見られるというのは、非常に気持ちが楽だ。また、後で電話しようと思っていて忘れることもない。しかし、人として、何かが退化しているように感じてしまう。専門学校で学生に電話のかけ方を教えているが、企業への電話では、自分が名乗ること、相手を呼び出すことから行っている。固定電話経験のない世代が、社会人になる時代。自宅に固定電話がない家も増えた。コミュニケーションの在り方が変わっていく。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)