広報気になるニュース:ブームを作る。コーヒーに勝てない紅茶の挑戦! リプトン「果物入りアイスティー」(2019.8.12)232

2019/08/12

ブームを作る。コーヒーに勝てない紅茶の挑戦! リプトン「果物入りアイスティー」

コーヒーと紅茶、どちらを選びますか? と聞かれたら、コーヒーを答える人が多いといわれる日本。スターバックカフェなどのチェーン店でも、コーヒーの種類の方が断然多い。ただ、タピオカに関しては、ミルクティーがメインでブームになっている。そんななか、すでに4年連続でブームになっている、「期間限定Fruits in Tea 専門」。シンプルな紅茶というよりも徹底的にこだわった紅茶だ。インスタなどの“映え”を意識したり、他との差別化をとことん行ったものだ。ニュースを見ているだけで、一度飲んで(食べて)みたいと思った。そして、ローソンとのコラボは2日で完売というブームぶり。期間限定という付加価値もパワーになっている。何事も諦めたら終わりだ、これをもって成功させるという思いが、強ければ強いほど、そこにニーズがあればヒットする。「そこにニーズがあれば」が肝だ。アスファルトに種を置いても発芽しない。顧客のいないところに商品を提示しても意味がない。事前な調査、マーケティングをしっかりしたうえで、成功する商品を探してみてほしい。そして、ちゃんと伝えてほしい。

ブームを作る。コーヒーに勝てない紅茶の挑戦! リプトン「果物入りアイスティー」

ポイント
甘んじる必要はない。期間限定と徹底的な追及の強さ。

ニュースサイト
リプトン「果物入りアイスティー」が話題の理由 表参道の限定ショップに人はなぜ並ぶのか
https://toyokeizai.net/articles/-/296543

関連サイト
リプトン
http://www.lipton.jp/

期間限定Fruits in Tea 専門店| 紅茶の専門家リプトン(Lipton)
https://brand.lipton.jp/leaf/fruits_in_tea/store/

ユニリーバ・ジャパン・サービス
https://www.unilever.co.jp/

「MACHI cafe Lipton フルーツインティーグリーン」発売|ローソン公式サイト
https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1375976_2504.html

私見
正直、私もコーヒー派です。年齢を重ねて、ブラックが苦手になってしまったのですが、紅茶とコーヒーだとコーヒーを選んでしまいます。どちらもカフェインがあり、紅茶は、胆石の原因になることもあると聞いたこともあってか、なぜかあまり飲まなくなってしまいました。ただ、チャイは大好きで、いただいた(自分では買ってない……)ティーパックで時々作っています。そんな紅茶を積極的に選ばない人をその気にさせてしまうまでのインパクトがある商品。それが期間限定Fruits in Tea 専門店の成功の理由だろう。本来の紅茶好きから見たら、邪道と言われるのかもしれないが、母数を増やすための工夫は大切だ。コーヒーもスタバの登場で、今ではノーマルコーヒーでないものの方が増えたようにも思う。そして、コーヒー+αの価格が???と思うように高くなっても、飲みたいと思わせる工夫がそこにある。つねに、商品やサービスに必要なのは、きっと工夫とひとひねり、そして、その商品に対する本気度だ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)