広報気になるニュース:我が地元。愛知県一宮市も頑張り始めました! モーニング発祥の地(2019.8.5)225

2019/08/05

我が地元。愛知県一宮市も頑張り始めました! モーニング発祥の

先日、コメダが47都道府県にできたというニュースを取り上げたが、コメダのおかげで、モーニングという文化に日本中に行きわたった気がしています。で、そもそもなんでモーニングなんだ? ってことは、諸説あるんでしょうが、地元に帰る度に、尾張一宮の駅の改札を出ると、モーニング発祥の地、一宮モーニングという言葉が目に入ってきます。もともと織物の町だった一宮は、ガッチャンガッチャンと機織りの音が響く町でした。私が育った家の前にもそんな工場がありました。なので、うるさいとか考えることもなく育ったんだと思います。ただ、打ち合わせはできない、だから一日何度も喫茶店に行く。だから、そのお礼に何かをつけようから始まったもの。朝はパンや卵、午後はミニケーキ的なもの。それ以外の時間でもピーナッツ。必ず何かついてきます。それが私が大人になったころ(30年前くらい)には、パンと卵だけであく、おでんや茶わん蒸しやサンドイッチなどなど。どんどん競い合いになってきました。あの店のモーニングはいいよ、という情報が流れて行ってみるなんてこともありました。そんな町、やっと何が始めるようです。ずっと気になっていて、何もできていない私ですが、シャッターが下りてしまった商店街に少しでも活気が戻ると嬉しいです。

我が地元。愛知県一宮市も頑張り始めました! モーニング発祥の

ポイント
自治体PR。地元のこともしたいと思いながら……

ニュースサイト
「持ち帰り」で若者つかめ 一宮モーニング、イベント企画
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190802/CK2019080202000064.html

関連サイト
一宮モーニング公式サイト
http://ichinomiya-morning.com/

【一宮人気モーニング18選】実際に行ってよかった!
https://futari-de.com/ichinomiya_morninig/

今も大好きなラーメン屋さん 尾張ラーメン 第一旭 本店
いつも並んでましたが、今はどうだろう。どこのラーメンを食べてもこれを超えるものがないと感じています。ずいぶん食べてないですが……
https://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23001080/

私見
完全に名古屋のベッドタウンになってしまいました。私が子供の頃は、デパートと呼べるものが3つあって、名古屋に行かずともすべてのものが揃いました。今では、駅に百貨店の小さいものがあるだけで、もともとあった場所はマンションになったり、別のものになったり。尾張の国一之宮である真清田神社がある場所なのだけど、ちょっと淋しい感じです。七夕まつりも活気があったり、4月のお祭りもかなりの人でだったし、稚児もあったな~と。稚児にはお化粧してもらって出たな~とか。七五三の時は神社に行ったり。思い出は尽きないものですが、今の一宮の子たちは、それらの思い出が作れていないのではないかと思うとちょっと残念な気がします。時代は変わっていく。もしかしたら、とても良い時期の一宮を見ていたのかもと思います。そんな故郷には、年に3回帰るだけですが、いつか何かできたら、と思ってはいます。と言いつつ、茨城の仕事をしている私です。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)