広報気になるニュース:渋谷が騒然となるハロウィン。アメリカで変われば日程は変わる? 古代ケルトでの収穫祭の意味は?(2019.7.31)220

2019/07/31

渋谷が騒然となるハロウィン。アメリカで変われば日程は変わる? 古代ケルトでの収穫祭の意味は?

古代ケルト地方での収穫祭を祝うハロウィン。11月1日が新年となるため、10月31日に行われるハロウィンは、すでにその意味をなくしてしまったのだろうか? アメリカで日程を変えるという署名が集まっているという。そして、絶賛の声が。今では、子供たちがお菓子をもらうイベント、仮装をするイベントとなったのだろうか? 「Trick or Treat」という言葉も調べてみたら、アメリカで作られたもののようだ。時代に合わせ慣習も変わっていく。元々の意味からすでにイベントへと成長したハロウィンは、子供たちの安全を守るために、本来の意味から新たなもお祭りに変わるのかもしれない。そして、日本は? 渋谷に集まる仮装した人たちは、土曜日に開催されるようになれば、今以上に集中するだろう? これらの対応を考えていただきたい。

渋谷が騒然となるハロウィン。アメリカで変われば日程は変わる? 古代ケルトでの収穫祭の意味は?

ポイント
50年前も今も、根っこは変わらない。ただ、表現は大きく変わった

ニュースサイト
「ハロウィンの日程を変えて」署名にアメリカで「最高のアイデア」と絶賛の声。その理由は?
https://www.enjoytokyo.jp/feature/season/halloween/knowledge/

関連サイト
起源や由来、仮装の意味は?ハロウィンの疑問まとめ
https://j-town.net/tokyo/news/localnews/291077.html?p=all

【教えたくなる雑学】ハロウィンで仮装をするのは、悪霊から身を守るため!?
https://www.glico.com/jp/enjoy/contents/Halloween/

私見
数年前に、10月31日に偶然渋谷に居たことで遭遇したハロウィンの渋谷。その人の多さに騒然とした。日本でも多くの神社で収穫を祝うお祭りが行われている。それらはとても意味あるもので、神輿を担いだり、それぞれの慣習を行ったりして、町が盛り上がる。しかし、ハロウィンは日本ではイベントのひとつとなった。クリスマスを祝い、新年を祝う日本人は、多くのものを受け入れる。ここ数年で、ハロウィンはより大きなシェアを得るようになった。アメリカで集まった署名で、アメリカのハロウィンが10月の最終土曜日になれば、日本もそれに合わせるのだろうか? 日本では、子供たちの安全を守るというより、大人たちが仮装を楽しみ、集まって騒ぐということが大きくなるだけのような気がしてならない。人は集団になると思いもよらないことをしてしまう。それに危険がなければよいが、近年のハロウィンを見ていると心配だ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)