広報気になるニュース:クリームソーダとタピオカ。50年を繋ぐ甘い存在。(2019.7.30)219

2019/07/30

クリームソーダとタピオカ。50年を繋ぐ甘い存在。

先週のニュースだが、タイミングを逃して今日になってしまった。阪急三番街に掲出されているポスターが秀逸というニュース。ここ数年、タピオカが何度目かのブームを迎えている。それを使ったポスター。ポイントは50年前と比べているところ、1969年と2019年。1969年はクリームソーダ。2019年はタピオカミルクティー。そしてコピーは、「甘いものパワー、今も昔も最強かも。」。タピオカミルクティーのブームの理由をご理解いただけない方にも伝わっているよう。そして、もう一枚、ジーンズを使った50年前との比較ポスターがあります。これも時代を現している。こちらのコピーは「流行は変わっても、おしゃれゴコロっては不滅。」。これもまた秀逸かと。
言葉の使い方が、難しくなる現代。写真との組み合わせで視覚で伝える方法がより大切になっている。

クリームソーダとタピオカ。50年を繋ぐ甘い存在。

ポイント
50年前も今も、根っこは変わらない。ただ、表現は大きく変わった

ニュースサイト
タピオカが流行ってる理由? 一目瞭然な阪急三番街のポスターが話題
https://withnews.jp/article/f0190724003qq000000000000000W00o10101qq000019459A

関連サイト
タピオカブーム「理解できない」年配の皆様へ このポスターを見ても、同じことが言えますか?
https://j-town.net/tokyo/news/localnews/291077.html?p=all

阪急三番街
https://www.h-sanbangai.com/

ポスター 三番街1989年6月 | すべて | 阪急文化アーカイブズ | 阪急文化財団
https://www.hankyu-bunka.or.jp/archive/?app=shiryo&mode=detail&list_id=504&data_id=105966

タピオカ第3次ブーム 三大ブランド上陸、世代超えファン獲得
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012554360.shtml

「タピオカ公害」だと抗議の声 ストローや容器のポイ捨てが深刻
https://news.livedoor.com/article/detail/16839623/

【昭和の味】クリームソーダはなぜ廃れないのか
https://www.excite.co.jp/news/article/E1484638390477/

私見
タピオカミルクティー、今年、数回飲みました。おばちゃん的には、タピオカを最後の一粒まで食べきることに必死になります!! 実は、タピオカは何回目かのブーム。以前のブームの際は、割と旬な年齢だったこともあったかと。調べたところ、最初のブームは1990年代前半。わたくし20代でした。そうそうあの触感に驚いたわけです。なので、今のブームを目新しくは感じていないのですが、3回ブームを作るのタピオカパワーに頭が下がります。ただ、飲みかけを放置し公害になっているというニュースも出ています。人としたのマナーは、ブームを壊すことになります。自分のゴミは自分で管理を。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)