広報気になるニュース:『三菱ケミカルは決めました』で社員にアピール。女性活躍のその先に見るもの(2019.7.13)202

2019/07/13

『三菱ケミカルは決めました』で社員にアピール。女性活躍のその先に見るもの

参院選が近い。働く女性の活躍や、ママの活躍を掲げる候補者も多い。しかし、正直、それは古いと思っている。そんなときに見つけたこのニュース。私が、女性一人で仕事し、結婚も出産も諦めざるを得なかったこと。自分の身内が障碍者であるという事実。そして、数年前に生活保護対象者時代になっていた経験したから。今回の選挙はむちゃくちゃ悩んでいる。ポストに届いた候補者が並ぶ新聞を見て、頭を抱えていた昨日だ。並ぶ言葉がステレオタイプ過ぎて。今更、女性支援。ママ支援。格差をなくす。そんな言葉は、まったく響かない。
そして、三菱ケミカルの社長、和賀昌之氏のこの言葉に、そうそうと思いました。
==========
私は会社が保育所を用意すれば女性に喜んでもらえると思っていたのですが、「育児は女性がするものというその考え方を改めてほしい」としかられました(笑)。
==========
根本からの改革。常識を裏切る。そういうことでしか、新しい日本は始まらない。

『三菱ケミカルは決めました』で社員にアピール。女性活躍のその先に見るもの

ポイント
トイレから綺麗にする。無意識の概念を否定していく

ニュースサイト
女性活躍だけではもう古い? 河合薫が迫る、ある企業の「働き方改革」の本気度
https://www.huffingtonpost.jp/entry/mitsubishichemical1_jp_5d0af129e4b09f5a54b5f68d

関連サイト
三菱ケミカル株式会社
https://www.m-chemical.co.jp/

【新社長】三菱ケミカル 和賀昌之氏 – SankeiBiz(サンケイビズ)
https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/171223/bsh1712230500006-n1.htm

三菱ケミカル株式会社 社長 和賀 昌之 2019年入社式挨拶
https://www.m-chemical.co.jp/news/2019/1206372_7467.html

私見
炎上も覚悟で書いている「広報気になるニュース」。時々、暴言が飛び出すかもしれません。今回の和賀昌之氏の言葉を、すべての経営者が考えてくれたら、と思います。28歳で、企業という箱を飛び出したのは、人様が決めたルールで生きることがイヤだったから。もちろん、世の中のルールは守ります。ただ、誰か(権力のある人)が決めたルールに従うことに納得できなかった。だったら、誰にも守られなくても、自分で生きる力をつけたいと思った。両親が障碍者で、子供の頃から白い目で見られ、大人になったら自分が心を病み、それを隠しながら笑っていた時間。朝起きると「この世の終わり」しか感じられなかった日々。でも、自己責任と考えたら、ここまで来られた。きっと組織に頼っていたら、「●●はやってくれない」という思いが生まれたかもしれない。誰かのせいにしても解決はしない。だから、20代で放棄したんです。自分で作っていくこれからの未来は、無限大。正直、借金しています。でも、20代の頃と同じ、何よりも強い「根拠ない自信」があるから。
ただ、私みたいな人がすべてではありません。企業で輝く人はたくさんいます。そういう方がいないとできないことやものはたくさんあります。だからこそ、企業が義務で縛られた苦しい場ではなく、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」(和賀昌之氏の言葉)が根本のある場であってほしい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)