広報気になるニュース:アウトドア業界に異業種の参入。ヨドバシ・ワークマン(2019.6.18)177

2019/06/18

アウトドア業界に異業種の参入。ヨドバシ・ワークマン

アウトドアスポーツを行う人が増えているようだ。これまで、アウトドアのスポーツはそれぞれのメーカーがあり、そのメーカーのブランドを購入することが多かった。しかし、異業種からの参入が多いという。人も一人でいくつものことをこなす人が求められるようになった。同じように企業もひとつの顔だけでは生き抜けないのかもしれない。もちろん、特定のものを極める企業も必要。しかし、アウトドア市場が広がれば、購入者にとってはより選択肢が増えることは嬉しい。しかし、時にアウトドアは命にもかかわるもの。精密さだけはしっかりキープしてほしい。広報担当者は、これまで関わっていた媒体以外との関係性も作っていく必要があるようだ。

アウトドア業界に異業種の参入。ヨドバシ・ワークマン

ポイント
業界の垣根が消えるとき

ニュースサイト
市場規模4400億でまだまだ成長、ヨドバシやワークマンら参入の“あの業界”
https://www.sbbit.jp/article/cont1/36504

関連サイト
ヨドバシ.com – アウトドア用品 人気ランキング【全品無料配達】 – ヨドバシカメラ
https://www.yodobashi.com/category/152022/152200/ranking/

フィールドコア(fieldcore)アウトドア&カジュアルテイスト … – ワークマン
https://store.workman.co.jp/feature/fieldcore.html

私見
仕事で、潮来釣り女子部という釣りを行う女性のコミュニティを作っている。私自身は釣りの経験はほぼないが、コミュニティ立ち上げにあたり、2年連続、横浜で行われるフィッシングショーに行き、釣りメーカーの商品をたくさん見た。釣りを行う人(アングラー)は、ブランドにもこだわるが、初心者のうちはなかなか高いものは買えない。そんなとき、いつも行く店や専門店でないところに商品があれば、少し気楽に見られるような気もする。スマフォが発達し、アウトドアスポーツさえも、ゲームで行えてしまいそうだが、そろそろ外に出るときが来ているような気がする。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)