先週のトレたま(2019.11.25~11.29)

2019/11/30

先週のトレたま(2019.11.25~11.29)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2019年11月25日(月)
商品名:CLEAN BOX
https://cleanbox.jp/
取材先:中西金属工業株式会社(NKC)
https://www.nkc-j.co.jp/
生ごみを捨てるまで冷凍庫にいれておく人は2割程度いるらしい。しかし、紙おむつやペットシートは冷凍庫には入れられない。そこで開発されたマイナス10度のボックス。冷凍庫ではなく、処分するものをいれておけるので衛生面が気にならない。電気代は1ヶ月700~1000円が掛かってしまうが、菌や臭いから部屋や人を守ることができる。

2019年11月26日(火)
商品名:ダイナグラス
https://digitalattendant.co.jp/category/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9/
取材先:デジタルアテンダント DIGITAL ATTENDANT IT技術の恩恵をだれもが受けられる
https://digitalattendant.co.jp/
目が不自由な方にもAIを使って、外に出る機会を作ってもらうための商品。首に付けたカメラがとらえた映像をコンピューターが解析し、目の前の景色を言葉で説明する。信号の色の変化などに役立つ。0.3秒で検知する。社会参加につなげたい。道幅の広い道路が現在の課題。
価格:25万円前後
発売日:ウェブにて受付中

2019年11月27日(水)
商品名:A-RROWG(アローグ)
https://www.makuake.com/project/a-rrowg/
取材先:日本電気株式会社
https://jpn.nec.com/
株式会社 FiNC Technologies
https://company.finc.com/
靴の中敷きにセンサーを付け、それを履いて歩くことで、歩行速度・歩幅・足を上げる高さをはかることができ、スマフォに情報がいき歩き方で注意する点を教えてくれる。意識していても忘れてしまうので、随時アドバイスが来ることで歩き方が変わっていく可能性がある。センサーが入っていても履き心地には影響がないとのこと。

2019年11月28日(木)
商品名:もちブレンダー
https://www.mkseiko.co.jp/seikatu/products/mochi/rmb-02hw.php
取材先:エムケー精工株式会社
https://www.mkseiko.co.jp/
これまでもち米から餅を作る機器はあったが、切り餅から餅を作ることができるのは初めて。余ってしまった切り餅と水をいれて25分で餅が完成する。もち米からも1時間で完成する。

2019年11月29日(金)
商品名:OQUA(オキュア)
http://sakamoto-lime.com/new/archives/product/oqua
取材先:有限会社坂本石灰工業所
http://sakamoto-lime.com/new/
石灰を使った貼り付けるタイプの火を使わず水を使うお灸。石灰に水をいれると通常、300度になるが、油でコーディングして50度に調整して作った。首や肩、ストッキングにも付けることができる。1分半くらいで暖かくなる。
価格:想定2,000円(24個入りで)
発売日:未定

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)