先週のトレたま(2019.7.22~7.26)

2019/07/28

先週のトレたま(2019.7.22~7.26)

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご

2019年7月22日(月)
商品名:スナテックスリゾート
https://suna-tex.com/
取材先:有限会社ドリームチーム
https://dream-team.co.jp/
レジャーシートの上の砂が消える。砂浜でレジャーシートを広げたときに、砂が乗ると邪魔になる。その悩みを解消する商品。2層の独自のメッシュで上から下へ砂は通り抜け、下から上に砂は上がってこない。米軍が砂漠の砂を巻き上げるために軍事目的に作られたものから考案された商品。価格は若干高いが、マリンスポーツを通年で使う人やセレブ層を狙っている。今年の夏は暑くなるのが遅かったので、まだあまり売れていない。これからが勝負だ。
価格:7,538円~
発売日:販売中

2019年7月23日(火)
商品名:水で膨らむ土のう袋
https://www.dcm-ekurashi.com/goods/576096
取材先:DCMホールディングス株式会社
https://www.dcm-hldgs.co.jp/
雨の多い季節。玄関からの水の侵入を防ぐための土のう。しかし、土が手に入る場がない。そこで、水につけると膨らむ土のうを考案。赤ちゃんのおむつの素材を使ったもの。水につけるたけで、高さ20cmのものが4分で作ることができる。通常の土のうの2倍の高さがある。3つセットで販売されており、3つ置けば玄関を守れるといわれている。天日干しをして乾かせば簡単に捨てることもできる。
価格:1,598円
発売日:7月5日

2019年7月24日(水)
商品名:Movement act
https://jugglingponte.com/2019/02/06/shun-onozawa-movement-act-2019/
https://withnews.jp/article/f0190201002qq000000000000000W00o10101qq000018702A
取材先:個人(東京藝術大学 先端芸術表現 小野澤峻さん)
https://twitter.com/jugbounce
https://www.geidai.ac.jp/department/fine_arts/intermedia_art
東京藝術大学の小野澤峻さんが、卒業作品として考案した作品。8方向から打ち出される16個のボールが真ん中でぶつからないように、交差する。本人がジャグリングをしていたときに、自分がいなくてもジャグリングは成立すると思い考え始めた。絶妙なタイミングでスピードをコントロールしぶつからないようにする。ソレノイドと部品が取り付けられている。

2019年7月25日(木)
商品名:ひねってポイ
http://poi.olyester.net/
取材先:東洋紡STC株式会社
http://www.shinko-san.co.jp/
簡単に袋の口をひねるだけで、ニオイを完全に封じ込める袋。ポリエステルで新商品を作っている途中で生まれた商品。ポリエステルでできている。通常ポリエステルは、ひねることができないが、それをできるようにした。3年前に発売されたが、まったく売れていなかったが、リニューアルをし積極的PRし、今回は販売することに力を入れている。穴が開かなければ、繰り返し使える。生ごみはもちろん、外出先での赤ちゃんのおむつを入れて持ち帰ることができる。
発売日:8月中旬発売予定
価格:300円(税別)

2019年7月26日(金)
商品名:神宗の飲むだし
https://kansou.co.jp/nomudashi/
取材先:神宗(かんそう)|大阪淀屋橋にある塩昆布・佃煮の老舗
https://kansou.co.jp/
お茶を飲むように、出汁を飲む。本格的に作られた出汁で味覚を敏感にすることができる。飲むためだけに作られた出汁。昆布とマグロ節に利尻昆布を使ったもの。昆布の老舗の9代目が考えた商品。飲んだあとのパックの中身は、醤油などをかけておにぎりのいれたりすることもできる。
発売日:9月2日発売予定
価格:3袋入り 648円~

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)