広報気になるニュース:あらゆる層の受け手の身になること。時代のずれが生んだ残念な例(2019.6.11)170

2019/06/11

あらゆる層の受け手の身になること。時代のずれが生んだ残念な例

通勤電車に乗っている人は、いろんな仕事の人がいる。富裕層もいるだろうけれど(いや本当の富裕層は、電車で通勤しないかも)、どちらかというと、人並と言われる収入の人たちだ。平均年収をちゃんと調べれば、簡単にわかることだ。今、2018年 平均年収で検索をしたら、414万円でした。12で割れば34.5万円だけれど、これには賞与が入っているし、あくまで平均なので、これより多い人がいれば少ない人がいるのは当然のこと。20代は346万円。平均で28.8万円。20万円に満たない人や社会的に良い仕事をしているのに、賃金が低い業種もある。そんななかで、研究機関 研究者 80代の方ってかなりニッチ。今にはそぐわないのでは。

あらゆる層の受け手の身になること。時代のずれが生んだ残念な例

ポイント
30万円。50万円。働く意味。今80歳の人の考え方は、今の働く年代とはずれている。

ニュースサイト
阪急電鉄、「はたらく言葉」車両ジャック企画中止へ 批判受け「思いが至らなかった」
https://www.j-cast.com/2019/06/10359706.html

「毎月50万円もらって…」 阪急車両ジャックに「時代の違う感性」と批判
https://www.j-cast.com/2019/06/10359646.html

阪急電鉄「働き方啓蒙」中づり広告「月50万円」に「不愉快だ」など批判、掲示とりやめ
https://mainichi.jp/articles/20190610/k00/00m/040/238000c

関連サイト
阪急電鉄|鉄道 駅ナカ 沿線おでかけ情報
http://www.hankyu.co.jp/

コンサルティング会社・株式会社パラドックス
https://www.prdx.co.jp/

「平均年収ランキング」2018年の平均年収は414万円、年代・男女別の平均年収も発表
https://www.danshihack.com/2018/12/04/junp/2018-average-annual-income.html

私見
お金の問題は、常に付きまといます。好きな仕事で30万円もらえなかった時代を何度も経験している私。数年前まで、生活保護対象者でした。区役所から手紙が何度もきました。好きな仕事をしていたら、年収は150万くらいまで落ちました。50歳の単身女性には、かなり厳しい金額。それで、貯金を使い果たし、からっけつになりました。その日々があったので、考え方を変えました。好きな仕事、やりたい仕事、ワクワクする仕事、未来につながる仕事、世のためになる仕事、ストレスは避けたいけれど、いろんなことを考えて、今過渡期です。ただ、まだまだ厳しい状況です。自分のことは、こうやって語れるけれど、人から言われるとカチンとくるもの。それも窮屈な電車のなかで。この車両ジャック企画、昨日までは、まだ続きそうでだったけれど、今日のニュースでは終了になりました。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)