広報気になるニュース:ビジネスはさまざま。しかし、マルチ商法は果たして(2019.5.28)156

2019/05/28

ビジネスはさまざま。しかし、マルチ商法は果たして

働き方改革と副業解禁の裏で、短い時間で稼ぐ や 友達を紹介して稼ぐことがまた盛り上がりを見せているようで気になっている。商品が良いものであっても、ビジネスへの入口が時に強引な場合がある。今回Yahooニュースでも取り上げられたものは、奇妙な体験という書き方で、実際に被害にはあっていないが、誕生日をお祝いするというLINEからの久しぶりの連絡。しかし、多人数のパーティへ。これってお祝い!? ちょっと気になる。ビジネスの方法は人さまざま。それぞれ合う、合わないがある。無理強いだけは避けてもらいたい。人にとっての幸せは、人それぞれだから。

ビジネスはさまざま。しかし、マルチ商法は果たして

ポイント
働き方改革の裏側で、起こるマルチ商法的な商法

ニュースサイト
旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/27/news029.html

関連サイト
マルチ商法|悪質商法|長野県消費生活情報
https://www.nagano-shohi.net/akushitsu/multi.html

マルチ商法
https://www.law.co.jp/okamura/aktoku/aktk04.htm

【第4回】 社内でマルチ商法に勧誘された時の対処法 | ZUU online
https://zuuonline.com/archives/100247

私見
現在52歳の私は、18歳でマルチ商法の洗礼を受けた。直観で、これは私にはできないと伝え、丁重にお断りした。その後も、何度もお誘い的なものはあったが、私がしっかりシールドを張っていたので、ここのところ無縁だった。しかし、金銭的に厳しくなると、シールドが弱まるのか、そのような声かけがくる。もちろんお断りした。20代の時に、そのような販売方法をやっていた友人もいたが、友人には売らないという約束をした。もちろん、人それぞれ、商品も素晴らしい場合もある。しかし、どうしても個人的に私はやりたくない。今回の記事を読んで気持ちを新たにした。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)