広報気になるニュース:空間利用! どこに目をつけるか? 従業員わずか13名で東証マザーズへの上場(2019.5.26)154

2019/05/26

空間利用! どこに目をつけるか? 従業員わずか13名で東証マザーズへの上場

都心にも地方に、チェーン店の駐車場が増えている。チェーン店という安心感もある。価格はチェーンといえど場所によってまったく違うが。また、カーシェアリングなどをしている場所もある。そんな駐車場は、基本平面(2階建てではない)だ。ということは、上の空間が空いているということ。そこに目を付けた企業がある。駐車場の上に店舗。まさに、車を止める場所に困らないということだ。もちろん、駐車場の費用はかかるが。そして、土地オーナーに対しては、駐車場収入だけでなく、テナント賃料収入が加わる。サービスの形は常に変わっていく。これまでなかったものも生まれていく。これまでなかったものを生み出す企業が、ベンチャーであることも多い。アイディア勝負であれば、より規模が小さい企業でも可能だ。今回は、フィルパークというこの会社で働く社員へのインタビューだ。人の働き方も大きく変わった。元大手外資系メーカー営業からの転職。人によって、自身が心地良いと思う場所は違う。何を幸せを思うかも違う。比べる必要もなく、自分の心の声を聞くことと勇気が必要だ。

空間利用! どこに目をつけるか? 。従業員わずか13名で東証マザーズへの上場

ニュースサイト
駐車場の上に店をつくる?元大手外資系メーカー営業が惹かれた、空中店舗フィル・パーク事業とは
https://www.huffingtonpost.jp/entry/philcompany_jp_5cd0e1a6e4b04e275d4eea35

関連サイト
「空中店舗フィル・パーク」事業のフィル・カンパニー
https://philcompany.jp/

社長室 吉水 将浩 – 「空中店舗フィル・パーク」事業のフィル・カンパニー
https://philcompany.jp/recruiting/yoshimizu/

【代表メッセージ】新卒で入社したベンチャーから3年で独立し、フィル・パーク事業をIPOモデルにできた理由
https://www.wantedly.com/companies/philcompany/post_articles/115273

私見
終身雇用が崩壊し、安定や安心の形も変わった。誰かや何かに依存して生きていくことも難しい時代になった。ただ、依存という形でしか生きられない人もいる。そして、それは悪いことではなく、依存しつつも何かで返している場合が多いからだ。働き方は、人の数だけある。誰かを羨ましいと思うことは悪いことではないが、あまり意味がないことだ。だったら、自分で動くしかない。どこへいくか、どこへいかないか、日本では往々にして、自分で選ぶことができる。格差を言われるものも、自分で作っている場合もある。もちろん、抗えないものもあるが。新しい事業を始めるとき、新しい仕事に就くとき誰もが不安になり、恐れる。それを怖がることはない。それはいたって当たり前のことだから。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)