広報気になるニュース:プラットフォームを持つ企業の強さ。ZOZOTOWN(2019.5.22)150

2019/05/22

プラットフォームを持つ企業の強さ。ZOZOTOWN

毎日、多くのニュースがネット上をにぎわす。ニュースになることで、知名度を上げる企業。イメージを下げる企業。さまざまな露出となる。ニュースは、企業が把握しないところで発信されていく。何が本当で何が噂なのかも怪しいものも多い。ZOZOの前澤社長は、起業家としてはネット上に頻出している一人だ。パっと見のニュースでは、ブランドの「ZOZO離れ」と言われているが、プラットフォームをもっている強さがあるという。ニュースサイトでは、食べログや楽天トラベル、ホットペッパービューティーなどが取り上げられている。改めてプラットフォームビジネスについてみたい。

プラットフォームを持つ企業の強さ。ZOZOTOWN

ポイント
短期間で見るか、長期間で見るか? ビジネスは長期戦

ニュースサイト
前澤友作を悩ますZOZO離れのウラで、もうひとつの「意外な真実」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63530

関連サイト
ファッション通販ZOZOTOWN
https://zozo.jp/

Yusaku Maezawa (MZ) 前澤友作 (@yousuck2020) ・ Twitter
https://twitter.com/yousuck2020

私見
先日、ニュース番組で、投資をする際にオーナー会社の強さに語る証券会社の方の放送を見た。オーナーは、失敗だと思った瞬間の判断が早いことが語られていた。ZOZOの前澤社長の名前もその際上がっていたが、そこに加えてプラットフォームビジネスの強さを合わせ持てば、やはりZOZOTOWNは強く生き残るのだろうか? 実店舗を持たないネット上のショップ。そこに必要なノウハウは、いったい何か? 実店舗と同じく、成功する店舗もあれば、残念な結果を迎える店舗もある。ひとつにはファン作りがある。ファン作りは、まさに広報の仕事。信用と便利さと気軽さ、選べれる店舗になるための動きが何かを考えていきたい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)