広報気になるニュース:うんこミュージアム:開業から2ヶ月後のニュース(2019.5.10)138

2019/05/10

うんこミュージアム:開業から2ヶ月後のニュース

3月に開業していた、「うんこミュージアム」が朝日新聞デジタルで取り上げられている。正直、「うんこミュージアム」は、このニュースで知ったのだが。こんな風に開園時ではなくタイミングでニュースになることもある。「うんこドリル」が一時期ブームになったが、もともと商品やサービスには向かないとされるイメージがあるものを逆手にとっての成功例と言えるだろう。今回のニュースも「来場者数は5万人を超え、大型連休中も待機列が途切れなかった。」と書かれている。4月18日に、開業1ヶ月で5万人達成というリリースが出されており、GWの人気でニュースになったのか、とも思っている。開業時にもニュースになっているが、継続してニュースになることが広報としては大切。そのためのニュース作りも必要だ。キリの良い入場者数は、継続したニュースの大切な数字だ。また、開業時にニュースにできなかったと思っている記者にとっては、やっと書けるという気持ちさせてくれるリリースにもなる。今回は、うんこミュージアムにトイレがないこともまた、担当者や広報のコメントを、リリースにいれたり、電話取材や対面取材で答えることも求められるので、回答の準備も忘れてはならない。

うんこミュージアム:開業から2ヶ月後のニュース

ポイント
継続してニュースにする。広報としてのコメント

ニュースサイト
うんこミュージアム大人気 ただし、会場にトイレなし(5月10日のニュース)
https://www.asahi.com/articles/ASM575HGKM57UQIP02H.html

横浜に「うんこミュージアム」 駅直通のエンタメビル開業(3月15日のニュース)
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/396750

関連サイト
うんこミュージアム YOKOHAMA【公式】
https://ale-box.com/unkomuseum/

オープンから約1ヶ月で来場者5万人突破!「うんこミュージアムYOKOHAMA」(プレスリリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000010379.html

運営会社のリリースサイト
https://ale.tokyo/news/

うんこドリルシリーズは日本一楽しいドリル! | うんこ学園
https://unkogakuen.com/books

私見
広報のコンサルを始めて、より論理的に広報について考えている。広報をする目的は、企業や個人によって違う部分もあるが、最終的には認知からの売り上げに繋げることだ。効果測定が未だに難しいとされている広報ゆえに、後回しになることもあるが、広告でなく広報という企業がどんどん増えている。広報には、継続が何より大切。情報発信をやめればメディア露出は止まる。だからこそ、開業時、5万人達成、GWの混雑など情報を届けることは必要だ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)