HOME > PR WOMAN interview >vol.24 鈴江恵子さん(2013年1月)
About usContactMedia掲載

interview キラリ☆広報な女性

profile


鈴江恵子さん
株式会社中川政七商店
第二事業部 経営企画室 広報
販売部 通販課 課長

Keiko Suzue

プロフィール:
高知県出身。大学卒業後、時計メーカーに入社し営業職に就く。その後、食関連の仕事を経て、中川政七商店入社。「遊 中川」本店店長、生産管理などを経験した後、フランス滞在。帰国してから現在まで広報のほか、通販業務を担当。趣味は海外旅行と食いしん坊、真夜中のお菓子作り。

広報歴:3年

株式会社中川政七商店:http://www.yu-nakagawa.co.jp/
中川政七商店公式通販サイト:http://www.nakagawa-masashichi.jp/

パリと奈良。古き良きものを未来に伝えていく女性

伊藤
こんにちは。今日は鈴江さんに会いに奈良に来ました。よろしくお願いします。
鈴江さん
ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。
伊藤
実は、鈴江さんが書かれている:広報Blog のプロフィールを拝見して、この方はただ者ではないと思いインタビューをお願いしたんです。「高知⇒大阪⇒パリ⇒ベジエ⇒大阪と移り住み、ただいま奈良暮らし」と書かれてあって、きっと何かあると。今日は、いろいろ聞かせてくださいね。
鈴江さん
はい。なんでも聞いてください。
「暮らしの道具」をコンセプトとする中川政七商店ラクエ四条烏丸店
伊藤
では、最初のお仕事のことから教えてください。
鈴江さん
はい。大学卒業後は一般企業で営業職に就きました。ただ、学生時代に飲食店でアルバイトをしていて、「食」に関する仕事に興味を持っていたんです。ちょうどその頃、フードコーディネイターという資格ができて、説明会に行きました。そこで、熱心に質問をしていたら、会場に来ていた方から声をかけられまして。
伊藤
それは、スカウト?
中川政七商店社屋
鈴江さん
食の勉強をしながら働かないか? と言っていただいて。
伊藤
どんな仕事だったんですか?
鈴江さん
飲食店専門の設計事務所でした。そして、その会社のフード部門で働くことになりました。
伊藤
希望だった「食」に関する仕事ですね。
鈴江さん
はい。ただ、続けていくうちに新たな世界にも興味が出てきて、そんなときに中川政七商店に出会ったんです。
伊藤
それは、いつ頃のことですか?
渡仏のきっかけとなった友人と10年後のフランス旅行
鈴江さん
2000年ですね。この本店(取材は、奈良市元林院町にある「遊 中川 本店」で行いました)に来たのですが、当時は13代目の中川もまだおらず、茶房になっている場所におばあちゃまが住んでいらっしゃったんですよ。
伊藤
飲みながらの会話がフランス行きのきっかけに!
鈴江さん
いえ。何かという具体的なことではなくて、女性って20代後半になるとこのまま今の仕事を続けていいのか、って考えることがあると思うんです。そんなときに、友人と食事をしながら同じような想いを話していて、旅行ではなくフランスへ行こうという話になったんですよ。普通、その場限りの話になることが多いと思うのですが、その日のうちに仕事を辞められるか、渡航や滞在はどうするかを決めて、数ヶ月後に実行したんです。
伊藤
飲みながらの会話がフランス行きのきっかけに!
鈴江さん
おそらくあの時だからですね。タイミングや勢いもあってできたのだと思います。
プチトランが走るベジエの丘の上にあるサン・ナザール大聖堂
伊藤
ランスには、どの位いらっしゃったんですか?
鈴江さん
ビザの関係で3ヶ月だけです。パリに滞在したのですが、語学力が足りないことを痛感したので語学学校に入りました。ほかはバゲットを食べ歩いたり、マルシェで食材を調達して料理をしたり、現地の方々と交流したり、日本での忙しい日々から立ち止まって投資というか感性を磨く貴重な時間になりました。パリは水と湿度が違うのでパンが本当に美味しいんです。
伊藤
楽しそうですね。ホームシックにはならなかったのですか?
鈴江さん
うまく言い表せないんですが、パリはとても肌にあう感覚があってずっと居たいと思ったくらいです。しかし、3ヶ月以上居ることができず帰国することになって。再び中川政七商店に戻ってきました。
伊藤
それは、鈴江さんが必要とされている、ということですね。
鈴江さん
そうだと嬉しいですね。ただ、出たり戻ったりしているので、代表の中川にブーメランと呼ばれています(笑)。
ベジエから程近いナルボンヌの美しい海と空
伊藤
次にパリに行かれるのはいつですか?
鈴江さん
日本に居たのが1年弱ですね。もう一度パリに行こうと心に決めていたので、今度は帰国することを考えずにマンションを引き払って出発しました。
伊藤
一大決心ですね。鈴江さんにとって、フランスの魅力は何ですか?
鈴江さん
食の魅力はもちろん、文化、芸術、人、街などすべてなんですが、特に古いものを大切にする国ということでしょうか。建物もそうですし家具やバッグも上質なものを代々受け継いで大切に使っている。蚤の市には、魅力的なアンティーク商品がたくさんあります。
伊藤
確かにそうですね。しかし、決心をされてパリに行っても、長く滞在するのは難しいですよね。どうされたんですか?。

 

 

page 1 2 3   次へ