広報気になるニュース:平成地区で、平成の空気を缶詰にして販売!(2019.4.25)123

いよいよカウントダウンとなった平成。岐阜県関市にある平成(へなり)地区。31年前に元号が平成になったとき、一躍有名になった地域だ。令和がは発表された際も、令和という名前の方への取材が多かった。元号が変わる時期に、ビジネスをしていることはある意味、偶然というかタイミング。今回のような形での変更は、ビジネスにもしやすいといえる。販売されるのは空気と5円玉が入った缶詰。1,080円という価格が高いのか安いのか? 分からないといえば分からないが、これは物ではなく、思い出というか時代の購入だ。うまいことやっているな、と思う人もいるだろうが、ビジネスは誰も考えないだろう、ちょっと「えっ!?」とか「はっ!?」とか思うことから始まったりする。

平成地区から思い出や時代を販売する。

ポイント
ビジネスは、誰も考えないこと。「えっ!?」とか「はっ!?」から生まれる

ニュースサイト
「平成の空気」缶詰め 関市平成地区、元号橋で作業
https://www.gifu-np.co.jp/news/20190423/20190423-132405.html

あの平成地区の空気を缶詰に 1缶1080円で限定発売
https://www.asahi.com/articles/ASM4Q4GQYM4QOHGB00G.html

関連サイト

道の駅 平成(へいせい)|関市観光協会
http://sekikanko.jp/modules/content/index.php?lid=115

道の駅 平成 岐阜県 道の駅公式ホームページ 全国「道の駅」連絡会
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/514

ホンモノの平成への想いを残すモノづくりプロジェクト
https://www.heso-pro.com/project/heisei_air/

平成の空気缶(へいせい・へなりの空気缶)購入ページ
https://heso.base.shop/items/19283970

新元号決定で特需に沸く「平成」のまち グッズは何でも売れる!
https://dot.asahi.com/wa/2019041100008.html

新元号 発表直前! 託す思いは
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/04/0401.html

地震体験 2つの「平成」 熊本市と新潟小千谷市
https://www.sankei.com/affairs/news/190330/afr1903300001-n1.html

私見
平成を迎えた朝は、当時勤めていた会社の系列会社の志賀高原の保養所に居ました、というと、とても非常識な人間だと思われてしましそうだが、実際、私は平成の朝を志賀高原を迎えた。当時勤めていた会社はソフトウエア企業で、元号が何に変わるかに関して、あらゆる準備をしていた。ただ、私は人事部だったので、会社としての営業案件にはかかわっておらず。平成になった頃、世の中はスキーブームだったことを思い出す。そして、同期入社の友人は勤続32年。男女雇用均等法施行の年に入社した私たちは、女性社員がお茶くみ・コピーとりと言われたの時代から、女性社長や女性役員をいかに増やすかの時代への、女性の企業での地位の変化を見てきた。32年前、私が勤めていた会社には、役職をもった女性社員はいなかった記憶だ。今は多くの女性役職者がいることだろう

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
広報ウーマンネットが行っているセミナーなど
http://pr-woman.net/course/

友だち追加

●広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのfacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/
●起業ウーマンの方のためのfacebookグループも作りました。
https://www.facebook.com/groups/2187588217954852/

●広報ウーマンネット15周年イベント準備チーム
https://www.facebook.com/groups/2314974865233144/