広報気になるニュース:幻の●● とになる(2019.4.19)117

夜になると、軽トラでラーメンを売りに来る。音が聞こえると、鍋かどんぶりを持って、探しに出た。こんな経験がある人も少ないだろう。今では、うちの地元(愛知県)でも、ないかもしれないが、子供の頃はそんな経験をした。携帯もなく、音を頼りに探す。見つけられず、空っぽのどんぶりを持って帰ってきたことも。
淡路島で、ラーメンの移動営業を続ける方がいるというニュース。もちろん、都内や地方都市は便利になり、偶然にしか会えないラーメンを待つよりコンビニで、という時代だが。偶然にしか会えないから。それが幻のと言わせる。たくさんのものを一気に作ることができる時代だからこそ、希少性が武器になる。幻の……。日清のカップヌードルの味噌味が、予想上回る販売で「販売中止」になったことのは最近のこと。手に入らないものを求めたいと思う気持ちは、今も昔も変わらない。
Twitterで、淡路軒を検索すると、食べた方の投稿が上がっている。

「幻の●●」になる

ポイント
継続と希少性。幻の●●

ニュースサイト
タイミング合わないと食べられない“幻の味” 淡路巡る屋台ラーメン
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201904/0012251155.shtml

関連サイト

淡路軒(食べログ)
https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280602/28049981/

淡路島
https://www.travel.co.jp/guide/matome/156/

淡路軒です
https://ameblo.jp/naya-garage/entry-10376642373.html

私見
夜のラーメンは、身体によくないとわかっていてもおいしいもの。そして、偶然にしか出会えないならなおさら。便利になった時代だからこそ、偶然は必然だ。そして、敢えて作る「幻の●●」と違い、自然に生まれた「幻のラーメン」。永遠に続かないことも、一度食べてみたいという思いにさせる。
子供の頃、どんぶりを持って走った(持ち帰りのケースなどない時代)が、懐かしい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
広報ウーマンネットが行っているセミナーなど
http://pr-woman.net/course/

友だち追加

●広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのfacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/
●起業ウーマンの方のためのfacebookグループも作りました。
https://www.facebook.com/groups/2187588217954852/

●広報ウーマンネット15周年イベント準備チーム
https://www.facebook.com/groups/2314974865233144/