先週のトレたま&トレンド情報(2019.4.8~4.12)

★トレンド情報
Gakkenが発行している「ことば選び辞典」シリーズが人気というニュース。商売柄、かなり高額の類語辞典を買って使っていたが、今ではネットで類語を調べられる時代になった。そんななか、敢えて紙の辞書に注目するネットでの情報発信者がいるということ。ひとつの要因に、使われなくなった言葉が多いのではないかとも思った。歌詞を書く上で、耳から入って分からない言葉は歌詞として使えないが、敢えて使うこともある。また同音異義語はよく使うし、韻を踏む言葉もよく使う。敢えての紙をいうのが、今の時代なのかもしれない。
【特集】学研ことば選び辞典シリーズ特設サイト
https://hon.gakken.jp/reference/special/kotobaerabi/index.html
エヴァンゲリオンとのコラボも行われている。

WBS(ワールドビジネスサテラト)内の『トレンドたまご』を1週間まとめて投稿。

オフィシャル情報は、こちらから。

★トレンドたまご
2019年4月8日(月)
商品名:腰がラクになるシャベル
取材先:個人の方
ホームセンターで300円くらいで揃う器具をシャベルにつけ、新たな支点を作ることで楽に土を持ち上げることができる。メーカーで試作品を作っていた経験から、作ったもの。商品化の予定はなく、みなさん作ってみてください、という珍しいトレたま。

2019年4月9日(火)
商品名:主人公が動く絵本
取材先:首都大学東京 システムデザイン研究科
https://www.sd.tmu.ac.jp/
ページをめくる風や紙の質感にデジタルをプラスしたいという発想から生まれた絵本。プロジェクターをカメラを使って、絵本には描かれていない主人公が現れ動く。言葉は敢えて日本語で書いておらず、大人にも楽しんでいただきたいという思いがある。

2019年4月10日(水)
商品名:クールすぎる3Dプリンター
取材先:東京工科大学 羽田研究室
https://www.teu.ac.jp/grad/lab/ms/index2.html?id=16
氷の造形物を作る3Dプリンター。市販の3Dプリンターを改造して作られたもの。これまで氷は削って形を作っていたが、それは時間がかかるので、液化ガスを吹きかけ瞬時に凍らせる。取材時は40秒で5㎜程度だったが、通常は2cmほどのものができる。今後、飲み物に入れて使えるものを作っていきたいとのこと。

2019年4月11日(木)
商品名:KIMUAMI(絹浴み)
https://nouto.co/20190305daifukucho/
取材先:共同開発
モリタホールディングス
https://www.morita119.com/
ニットー セラ NITTO CERA
http://www.nitto-cera.co.jp/
消防車のホースを作っている消化の泡から発案し、シャワー企業との共同開発。工事をすることなく、シルクの泡が全身を包む。お湯との切り替えも簡単にできることから、商用化を目指す。
クラウドファンディング
https://www.makuake.com/project/kinuami/

2019年4月12日(金)
商品名:マサキカフ
https://traniture.jp/products/mokkin/
取材先:真崎医院 真﨑信行院長
https://www.dr-masaki.com/
ドリームインポケット

ホーム


採血や点滴の際に、なかなか血管が出ない方がいる。看護師さんの経験に頼らず、センサーでとらえ血管を膨らませる。血圧計のように圧力をかける。奥様が病気になられてしまったことから、患者さんの負担を減らすために考案。患者にとっても医療関係者にとっても不安を減らせる商品を目指す。


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
広報ウーマンネットが行っているセミナーなど
http://pr-woman.net/course/

友だち追加

●広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのfacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/
●起業ウーマンの方のためのfacebookグループも作りました。
https://www.facebook.com/groups/2187588217954852/