広報気になるニュース:「令和」に関わる自治体のPR活動 大宰府 坂本八幡宮(2019.4.6)104

これまで1日40名程度の訪問だった大宰府にある坂本八幡宮に今、多くの方が訪れているという。これは「令和」という元号誕生の影響だ。730年(天平2)に歌人の大伴旅人が「令和」の語源となった「梅花の歌」を詠んだの歌会が行われた場所が、福岡県太宰府市の大宰府政庁跡であることからだ。自治体広報は、多くの場所で行われている。どの場所も何かアンテナになるものを見つけ、それで盛り上げていこうと考える。今回は、不意打ちのように訪れた機会をいかに、大宰府市が取り入れ盛り上げるか? すでに、旅行会社や広告代理店、PR会社など多くがかかわっていると思うが、良い形で町が盛り上がることを祈る。

「令和」に関わる自治体のPR活動 大宰府 坂本八幡宮

ポイント
急な出来事にいかに対応するか?

ニュースサイト
「令和」の舞台はどこ?=大伴旅人邸、所在地に諸説-福岡・太宰府
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040300151
「令和」ゆかり地 坂本八幡宮に多くの人
http://www.news24.jp/articles/2019/04/02/07425570.html

関連サイト
坂本八幡神社 – 太宰府市文化ふれあい館
https://dazaifu-bunka.or.jp/info/kami/detail/7

坂本八幡宮の宮司「万葉集から元号ができて万歳」
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201904010000823.html

太宰府市
http://www.city.dazaifu.lg.jp/

ますます恋する万葉集 – 奈良県
http://www.pref.nara.jp/31502.htm

私見
神社好き女子会「神楽女会(かぐらめかい)」を作るほど、神社という場の空間が好きな私なので、大宰府に飛んでいきたい! 気持ちもあるけれど、行くなら計画的に行きたい気持ちが大きいです。太宰府天満宮も20歳のときに一度行ったきりなので、改めて行きたいと思っている場所です。高千穂も!(もう行きたいところばかり)。今回は、元号というとても大きなイベントによって起こった事象です。これらをいかに広報担当者が受け止めて、どう盛り上げていくか? これは自治体側だけの問題でなく、集まってくる方々にいかに楽しんでいただくかも大きい。いや、来てくださった方にいかに良い印象を持ってもらうかが大きい。そして、そこに住んでいる方々に理解していただくという説明。静かな場所ほど、急に人が訪れるようになると問題が起こる。地元住民の方からのクレームは自治体にとってはもっともあってはいけないこと。私自身がかかわっている場所も、何より今、住んでくださっている住民の方の理解あってこそ、を大切に自治体PRを行っている。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/
広報ウーマンネット15周年イベント準備チーム
https://www.facebook.com/groups/2314974865233144/