広報気になるニュース:改元の日はどう過ごす?(2019.3.29)096

2019年。元号が5月1日に変わる年であり、GWが10連休であるという。とても特別な年だ。広報とイベントは切っても切り離せないという話をしてきたが、4月30日を、5月1日を、GWを、どう演出するかは企業の腕の見せ所だ。すでに準備が整っている企業がほどんどだと思うが、ニュース内では、挙式や旅行など記念日的なことを提供する会社も多い。昭和が平成になったときとは違い、事前に分かっているとこの日は、エンターテインメント的なサービスを提供する会社としては、休んではいられないだろう。

「元号またぎ挙式」「皇室のゆかりの地巡礼」も…改元の日はどう過ごす?

ポイント
オンリーワンであり、国民的記念日をどう過ごすか?

ニュースサイト
「元号またぎ挙式」「皇室のゆかりの地巡礼」も…改元の日はどう過ごす?
https://dot.asahi.com/wa/2019032700013.html

私見
昭和が平成になった朝。私は当時、会社員として働いていた会社の志賀高原の保養施設にいた。保養施設のテレビで「平成の朝」シーンを見た記憶がある。弔旗が掲げられたなか、それでもちゃんと動いたリストやゴンドラでスキーをしていた。本当に申し訳ない。当日働いていた会社は、ソフトウェア企業だったので、元号が何になるかは、とても大きな出来事だった(当時は、給与明細なども昭和表記だったこともあり)。自社の給与明細は、昭和のまま数年続いたように記憶しているが……。いつ起こるかわからない事態に備え、会社内は準備態勢がひかれていたが、人事部の私はスキー場にいたという。あれから31年。ニュースのなかに昭和生まれが、平成内に結婚しないことを“平成ジャンプ”と呼ばれているということがあったが、私もその一人か。もちろん、同級生には昭和のうちに結婚した人もいるけれど。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/