広報気になるニュース:“開花宣言”全国トップ 長崎で(2019.3.21)088

東京でも桜の開花宣言が予想された昨日。気温が20度を超えるという暖かさだったが、標本木の開花の数が4輪ということで見送られた。そして、2019年の日本最初の開花宣言は41年ぶりに長崎となった。その際のドタバタもニュースになっている。確かに、どの花を数えた分からなくなりそうな状況にもなりかねない。桜の開花宣言は毎年行われるもの。そして、多くの人が興味を持っているもの。そして、日本らしいもの。そういったものは、うまくのっかってニュースを作るのもありだ。開花宣言キャンペーンとか。発想が安易ですみません。

“開花宣言”めぐりドタバタ 全国トップ 長崎で

ポイント
毎年恒例のものに、うまくのっかろう

ニュースサイト
“開花宣言”めぐりドタバタ 全国トップ 長崎で
https://www.fnn.jp/posts/00414581CX

気象庁 | 2019年のさくらの開花
https://www.data.jma.go.jp/sakura/data/sakura_kaika.html

私見
桜は、多くのもののニュースのネタに使いやすいと思っている。それは、桜とついた曲の多さからも分かるのだが。「桜」というだけで、多くの人が共通イメージを持つからだ。そして、期間限定であること。明確な時期があること。華やかであり、儚くもあり。地域によって咲く時期が違うこと。全国にある花であること。そういった、普遍的なものをうまくニュースに取り入れるのも広報の腕だ。今日にも東京は開花宣言なるか!
さくらというタイトルがついた曲
https://www.uta-net.com/
このページで、曲名を選び 桜 や さくら をいれると多くの曲のリストがみられる。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)