広報気になるニュース:新幹線の壁 本当に越えなければならないのは「4時間の壁」ではなくて「1万円の壁」という現実。(2019.3.9)076

懐古という言葉が、若者のなかに生まれるなか(最近は、敢えてLPでリリースするバンドもいる)、進化だけを考えてる業界は多い。鉄道、特に新幹線はその一番手と言ってよいだろう。1秒でも早く、安全に正確に走ることが宿命だ。そして、それが当たり前だと思っている人も多い。しかし、移動の目的は、人それぞれだ。ブルートレインが姿を消し、なぜか人は常に忙しない。ビジネスマンにとっては、早く移動できることは確かに嬉しいことだ。ここで語られている4時間の壁。それは、まさにビジネスマンを見た場合のことだ。しかし、同じ人であっても、家族旅行では違うだろうし、学生が帰省する際には、速さより価格を第一条件とする人もいる。クライアントのニーズを見誤ると、まったく意味のないサービスになってしまう。また、敢えて時間をかけることに意味を持たせれば、それは新たなニュースになる。

新幹線の壁 本当に越えなければならないのは「4時間の壁」ではなくて「1万円の壁」という現実。

ポイント
ニーズを見誤るな

=====ニュースサイトから引用========
国もそうですね。出先機関などにいる若い人は別として、霞ヶ関でものを考えている偉い人たちというのは、鉄道会社の幹部と同じように純粋培養された人たちが多く、鉄道畑、航空畑など「畑」とよばれるところで長年その業界を見てきているような人たちです。
そして、そういう専門家集団は、その分野について細かく考察するということは得意ですが、視野が実に狭いという弱点を持っています。
========================

ニュースサイト
新幹線の壁 本当に越えなければならないのは「4時間の壁」ではなくて「1万円の壁」という現実。
https://news.yahoo.co.jp/byline/torizukaakira/20190308-00117419/

私見
名古屋から福岡まで新幹線で移動したことがある。東京から広島まで新幹線で移動したこともある。長いと感じた。しかし、それは、私が愛知出身で、乗りなれている新幹線が、東京名古屋間であり、2時間弱までだという体内時計にあると思う。広島まで飛行機で行ったこともある。このときは、価格を抑えるためだったので成田から飛んだ。となるとかかる時間は、ほとんど変わらない。広島空港から広島駅まではバスで1時間程度かかる。まさに引用したニュース部分にある、決める人がどれだけ世の中を俯瞰できるかにあると思う。私は、広報に必須なものは俯瞰だと思っているし、語っている。ニッチな場所こそ、全体のどこにいるかを、知ることで次にすべきことが見えるはずだ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/