広報気になるニュース:テレビ広告費<インターネット広告費(2019.3.6)073

この20年、いや10年、5年かな。大きく変わった広告の世界。そして、同じように変わる広報の世界。紙媒体からインターネットへ。インタネットであれば、そのままショッピングサイトへリンクがはれるとい利点もある。ついにテレビ広告を抜いてしまう日が来る。PCだけでなく、スマフォの登場も大きい。PCをもっていなくても、同じようなことができるようになった時代。とくに広告は、スマフォ向きに作られることも多い。隙間時間をスマフォ時間で埋めている人も多い。
ただ、同日のこの記事からも目が離せない。
「本から学ばない人」と「読書家」の致命的な差
https://toyokeizai.net/articles/-/265063

テレビ広告費を抜いたかもしれないインターネット広告費1兆7589億円(2018年)と1日2時間49分

ポイント
能動と受動

ニュースサイト
テレビ広告費を抜いたかもしれないインターネット広告費1兆7589億円(2018年)と1日2時間49分
https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190306-00117074/

「本から学ばない人」と「読書家」の致命的な差
https://toyokeizai.net/articles/-/265063

私見
15年前に大好きだった作家さんが自ら命を絶ってしまい、読みたい本が見つからないということをよく書いています。ただ、それは言い訳なのかもしれません。「沈潜する」時間は、私にとってとても至福な時なのですが、その時間=仕事をさぼっている時間だと思ってしまう日々が続いています。
PCの前で作業をしていれば安心するって、悲しいことだと思いました。こうやって文章を書いている時間は楽しい時間ですし、この時間を仕事だとは思っていません。ただ、PCの前を離れている時間が長いと、今日、自分は何もしていないのではないかと、と思うことが増えて、それによって自分を責めてしまう。ワーカーホリックと言われて時期もあったけれど、今は、より良いものを作るものには、それだけではいけないことにも気づいています。正解のないものにどう折り合いをつけていくのか? あぁ、沈潜したい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/