広報気になるニュース:梨花ブランド10年間の壁 月商1億円快進撃が続かなかった要因 (2019.3.4)071

何事にも流行がある。そして、アパレルには四季が影響する。季節が変わるごとに、新しい服を、という人も多いだろう。流行に乗っていきたいという方も多いだろう。また、仕事に合わせてブランドを変えたいという方もいるだろう。人は年齢や環境、生活スタイルとともに、必要とするものが変わっていく。大好きだったブランドも、いつか自分には合わなくなる日も来る。しかしブランド側は、ブランドイメージがあるため、大きな方向転換は行わない。ファンで居てくれる人を裏切ることになるからだ。価格帯も変えられない。そのブランドの価値があるからだ。2012年にスタートした梨花さんブランドが、年内で全店閉店することが発表された。大きな決断であり、新しいスタート。良い経営者は、辞めるタイミングを知っているという。続けることの方が、実は楽という声もある。今回の彼女の決断が、新しい扉を開くことになると、良いと思う。また、このブランドに関わったすべての人が新しいスタートをきれることの祈り、広報担当者は、綺麗に幕引きをしていただきたいと思う。

梨花ブランド10年間の壁 月商1億円快進撃が続かなかった要因

ポイント
終了の勇気

=====ニュースサイトから引用========
「アパレル業界ではよく“10年間の壁”を越えることが難しいと言われます。10年も経つとオープン当初のお客さんも年齢が上がり、ターゲット層と合わなくなるため離れていきます。いっぽうブランドは新たな層を開拓しなくてはなりませんが、うまく顧客シフトできないケースがとても多いです」
========================

ニュースサイト
梨花ブランド10年間の壁 月商1億円快進撃が続かなかった要因
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1716742/

MAISON DE REEFUR
https://www.maisondereefur.com/webshop/

梨花
https://www.stardust.co.jp/section1/profile/rinka.html

梨花オフィシャルブログ「RINKA HAPPY LIFE」Powered by Ameba
https://ameblo.jp/rinka-521/

私見
大好きだったブランドがあります。ただ、昨年、そのブランドの服をほぼすべて手放しました。理由は、似合わなくなったから。年齢的な問題ではなく、キャラクター的な問題かな? 自分をどう見せるかは、仕事をする上でとても大切なことです。すっぴんで仕事に行く私が言えることではないですが……。
ただ。勇気をもって変えるべきときがあり、変えることによってしか開かない扉がある。昨年の手持ちの服をかなり売りに出し、新しいイメージに慣れるまで、プチプラで過ごしている。最近のプチプラの良さに驚きつつ、私が本来求める、ブランドに負けない自分。ブランドを着ることでしか、上がらない自分の価値などいらないという考えを改めて感じている。自分がブランドになれば、何を着てもそれは、プライスレスなのだから。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/