広報気になるニュース:米アマゾン、低価格スーパー計画=年末にも1号店-米紙報道(2019.3.3)070

今、多くの人がネットで買い物をする。1995年7月にAmazonがネット上に登場したとき、それはとても画期的だった。ただ、ネットで買い物が抵抗することがあった時代。しかし、気が付けば、ポチっというボタンひとつで買い物をすることが、日常になっている。そんななか、Amazonが敢えての実店舗、低価格スーパー「ホールフーズ・マーケット」を計画していることの発表。日本に来ることも容易に想像できる。スターバックスが日本に来たときのことを思い出す。

米アマゾン、低価格スーパー計画=年末にも1号店-米紙報道

ポイント
成功者の異業種参入をどう見るか

=====ニュースサイトから引用========
インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが米国の主要都市で数十店舗の食料品スーパーを展開することを計画していると報じた。
========================

ニュースサイト
米アマゾン、低価格スーパー計画=年末にも1号店-米紙報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030200319

Amazon
https://www.amazon.co.jp/

私見
ネットで買い物することが日常になりつつも、カード情報が盗まれるというリスクは否めない。自宅に届けられる便利さの裏側に、その時間に受け取れないと再配達になえうことや、輸送業の業務の実態などが報道されると、思うことは多々ある。便利に慣れてしまった自分。コンビニが24時間営業であるべきかのニュースと合わせて、考えてしまう。
インターネットサイトでいえば、Amazonが日本語対応された頃、Webサイト制作会社で仕事をしていた私は、AmazonのUIの良さを真似ようと思ったことを思い出す。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。 会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
http://pr-woman.net/mailmagazine/
オンラインでのセミナーを2019年1月から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
そして、 広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/