広報気になるニュース:スシロー、店舗を一斉休業(2019.2.3)042

「働き方改革」という言葉が独り歩きし、そもそも何をするためのものだったのかを見直したく、検索したところ、2016年9月27日に「働き方改革」の具体策をまとめる「実現会議」が開催され、『働き方改革の9項目の方針』を安部首相が表明した記事があった。そこから2年半。確かに、働き方を変えようとする流れは感じる一方、ブラック企業という言葉が飛び交い、また過剰な労働を強いられている人たちがいることもも明るみになり、改めて「働く」ということを考えさせられる。
今回のニュースは、全店一斉休業(ショッピングモールなどの入っている11店舗を除く)というもの。それも2日連続での休業を試みる。スシロー社内や店舗内でのシフトなどは想像できないが、チェーン飲食業としての決定としては、今後追随する企業もあるかもしれない。

スシロー、店舗を一斉休業

ポイント
企業の取り組みはニュースになる

=====ニュースサイトから引用========
回転ずし最大手の「あきんどスシロー」は2日までに、今月5日と6日の2日間、ほぼ全店に当たる約500店舗を一斉休業すると発表した。
========================

ニュースサイト
スシロー、店舗を一斉休業
https://this.kiji.is/464337397993522273

あきんどスシロー
https://www.akindo-sushiro.co.jp/

店舗休業日のお知らせ 2/5(火)・6(水)
https://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=1271

「働き方改革」の実現に向けて |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

いよいよ始まる、働き方改革 そもそも、なぜ働き方改革が必要なのか
https://www.nec-nexs.com/sl/jinji-soumu/column/toyoda/column03.html

私見
私は、新卒で入社した会社で8年3ヶ月。そして、2001年7月~2004年9月までITベンチャーで会社員としての仕事を経験している。この2社は業務的にはどちらもソフトウェア関連企業で、BtoB。そして、前社では人事部に所属していた私は、社員の残業時間や、夜間のトラブルの夜間対応などの時間も見てきた。時期は1987年から1995年。Windows95もまだなく、退社時間の記録は本人の手書きだった(ソフトウェア会社にも関わらず)。それをキーパンチャーがデータにして、残業時間と残業代を計算していた。
2001年7月~働いた会社は年俸制。残業という概念はなく、終電帰宅も多かったし、会社に泊まることは特別なことではなかった。と書くとブラックを思われそうだが、私自身はその働き方を楽しんでいた。30代だった私が20代に交じって、働くことの楽しさと意味を初めて知った時期でもあるから。2004年からは、どこかに所属することなく自営業として仕事をしているが、自営業の方が、キツイ状態になることも多々ある。ただ、それも自分で選んでいること。好きでやっていることだ。
「働く」っていったい何か? 考えざるを得ない。「自分らしく」という言葉が大嫌いな私は、それと同じくらい「好きを仕事に」という言葉が嫌いだ。好きなことを仕事にしたら、ほぼ嫌いになる。そう、好きなことだって仕事になると義務になり重荷になるのだ。「働く」ことは生きるために何かを生産すること。合わせて、人が人として存在するための他社との関わり合いだと思う。数字だけでは測れないものがそこにはある。そして、正解はない。人は人によって能力の違いもあるし、感じ方も違う、絶対値では測ったものには意味がないからだ。そして、仕事が楽しいわけはなく、常にストレッチのかかった状態で自身を上昇させるものだと私は考えている。ただ、生活のために時間を売るという考えもある。以前の私がそうだったように。
一日のなかの長い時間を割く「働く」だからこそ、付き合い方は本気で考えてみたい。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/
オンラインでのセミナーを2019年から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/