広報気になるニュース:毎月5円からおつり投資(2019.2.2)041

プレスリリースは自社一社から出すのではなく、時に共同リリースとなることもある。業務提携や資本提携、共同開発などだ。今回紹介する「お釣りを投資へ」のサービスは、資本提携のニュースとともに掲載されている。サービス内容は、お釣りを投資に回すというもの。ベンチャーと銀行の資本提携だ。
お金をためるひとつに、アナログな方法では毎日、財布の小銭を貯金箱へというものもあるが、給料日前になると貯金箱を開けてしまうこともある。そして、貯金箱に入れたお金は増えることはない。投資はリスクを伴うが増える確率もある。日本人の投資に対する意識はまだ低い。投資を身近なものにするという意味で、このサービスが根付くがどうか、これからが気になる。1ヶ月5円でもOKというのは嬉しいが、登録までにいくつかの過程があるので、そこで諦めてしまう人がいそうな気もする。ただ、お金に関わることは、なかなかボタン一つで終わるわけにはいかないものだ。

「毎月5円からおつり投資」資産運用ベンチャーがセブン銀行から20億円調達。投資未経験層に広がるか

ポイント
資本提携&入りやすい入口となるサービス

ニュースサイト
「毎月5円からおつり投資」資産運用ベンチャーがセブン銀行から20億円調達。投資未経験層に広がるか
https://www.businessinsider.jp/post-184320

トラノコ
https://toranoko.com/

TORANOTEC
http://toranotec.com/

セブン銀行
https://www.sevenbank.co.jp/

WealthNavi
https://www.wealthnavi.com/

NISAとは? : 金融庁
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

私見
NISAが生まれて、少し投資が身近になったように感じる。私も少額でNISAをやっている。さすがに今の金利は悲しいものがあり、お金を回すことを考えると、投資や外貨貯金、仮想通過などを考えざるを得ない。そのためんは、自ら学び知識を持つことも必要だ。もちろんプロに任せるという手もあるが。お金があれば幸せかとどうかは分からないが、希望する生活水準と、トライしたい仕事や趣味に困らない程度のお金は生きることを豊かにする。はやり夢と愛だけでは、生きていけない時代だ。そして、タンス貯金という言葉もあるが、低金利の今だからこそ、投資を考える時なのかもしれない。しかし、投資にはリスクが伴うことをお忘れなく。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/
オンラインでのセミナーを2019年から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。
http://pr-woman.net/line/
広報を始めたばかりの方、これから始めたい方向けのFacebookグループを作りました。
https://www.facebook.com/groups/2289351631302395/