広報気になるニュース:湯たんぽ、布団の外でも活躍 レンジ加熱・充電式も続々(2019.1.29)037

まもなく2月。一年で一番寒い時期と言われています。雪が積もっている地域も多いことでしょう。そんなとき身体を温めるものとして、日本で昔から使われている“湯たんぽ”。ブームが来ています。リリースは、新しいものだけを伝えるものではないことを、今日はお話したい思います。今回ニュースサイトから引用した部分は、25年前に日本で発売されたドイツメーカーのfashyの湯たんぽと30年以上続く新鉱金属の純銅製湯たんぽ。広報についての相談のなかに、新製品がないのでリリースできないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、それは違います。時に早すぎる商品もあります。その場合は、時代に合わせて少しリニューアルして配信する。または、同じ商品を再度切り口を変えて配信する。今回は、布団のなかで使わないという新しい使い方です。視点を変化させることはとても大切なことです。今、湯たんぽのブームが来ているのであれば、過去に出したリリースを見直すことも広報の大事な仕事です。

湯たんぽ、布団の外でも活躍 レンジ加熱・充電式も続々

ポイント
過去の商品を最リリースする。


====ニュースサイトから引用========
日本では金属製など硬い湯たんぽが主流だった。一方、欧州では樹脂製のものが多い。25年ほど前にfashyの湯たんぽが日本で発売されたことで、やわらかい湯たんぽのイメージも広まった。
========================
=====ニュースサイトから引用========
新潟県燕市の銅製品メーカー、新光金属の「純銅製湯たんぽ」は、30年以上続くロングセラー。熱湯を注いでから布団の中に入れれば10時間後でも45度が保て、朝まで温かいという。重さ1・2kg。専用の袋付きで1万5千円。
========================

ニュースサイト
湯たんぽ、布団の外でも活躍 レンジ加熱・充電式も続々
https://www.asahi.com/articles/ASM1J61J7M1JPLFA00G.html

ファシーの湯たんぽ
https://www.yutampo.jp/

新光金属株式会社「体に優しい銅製品」
http://www.copper100.com/item/

あずきのチカラ おなか用(桐灰化学株式会社)
https://www.kiribai.co.jp/products/category/azt003.html

蓄熱式 エコ湯たんぽ nuku2(スリーアップ株式会社)
http://www.three-up.co.jp/product/178/

おかえり園田くん だっこ湯たんぽ(小泉ライフテックス) 
http://www.donapaula.jp/sonoda/

シリコン湯たんぽ Pocatan(株式会社ドウシシャ) 
http://www.japanlifeline.jp/

湯たんぽA(マルカ株式会社) 
http://www.maruka-yutanpo.jp/products/index.php?id=3

呼吸する湯たんぽ(タンゲ化学工業株式会社)
http://www.tange-kagaku.co.jp/kokyusuru_yutanpo.html

私見
2011年に身体を温めるサロンのPRを受けていました。それまで、身体を温めるということはあまり注目されておらず、加えてこの年は、東日本大震災が起きた年で節電が叫ばれていたことから、いかにエアコンを使わずに身体を冷やすか、という特集が雑誌でも多く組まれました。時代には勝てないものです。当時、●●活という言葉が使われ始めていたので、温活をいう言葉を使い、温活コンシェルジュという言葉で、ニュースレターを書きました。媒体の方からは、身体を温めるのが大切なのは分かっているけれど、今年は身体を冷やすをテーマで進めなければならないと言われました。そんなこともあり、複数の媒体から掲載が難しいと言われたことがあります。しかし、翌年2012年は、身体を温めましょうという流れになり、温活をいう言葉も頻繁に使われるようになりました。時代や流行りを見るのは広報にとって、本当に大切なことというのを身体で学んだ時期です。
そして、このときPRをしたことで、私は温熱器を持つようになりました。湯たんぽとは違いますが、お腹や腰などを、温熱器で温めています。そして、免疫力を高めるために平熱を上げることも意識しています。私の平熱は37.1度くらいです。低いときでも36.8度です。この体温をキープして、強い身体を作っていきたいと思っています。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
オンラインでのセミナーを2019年から開始しました。遠方の方もぜひご参加ください。
LINE@から、お申込みいただけます。

LINE@にご登録していただいた方に、広報スタートシートプレゼントと無料セミナーにご招待!


メルマガ登録は、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/