広報気になるニュース:ティラミス専門店「HERO’S」騒動めぐり謝罪、ロゴ使用権をシンガポール発のティラミス店に渡すと発表(2019.1.23)032

ワイドショーでも昨日から取り上げられているので、チェックされている方も多いと思いますが、ティラミスヒーローとHERO’S の商号やロゴが類似しているというニュースです。私はこの店舗を知らなかったので、???と思ったのですが、これは広報の出番とばかりに調べてみました。

ティラミスヒーロー(The Tiramisu Hero):2012年8月からあるシンガポール発のティラミス店。2013年8月から日本でもティラミスヒーローの名前で販売を開始。
日本国内にて実店舗はなく取り寄せのみ、2018年は、出店という形で期間限定で渋谷東急東横、ecute赤羽、池袋西武百貨店、銀座三越、横浜タカシマヤ、松屋銀座などに出ていた。今、出店しているのは、1月18日(金)~1月28日(月)大丸 福岡天神店。
===サイトより引用=========
近日中に日本国内でショップをOPENする予定ですが、現在のところ
販売店はシンガポールのみとなっております。
日本国内においては、いまのところ、お取り寄せのみで対応致しております。
===================
===サイトより引用=========
ティラミスヒーローの名称にてフランチャイズや代理店の募集が、ネット等でなされておりますが、シンガポール本店「The Tiramisu Hero」並び、当社(日本支店)とは一切関係ありません。シンガポール本店並び、当社(日本支店)ではフランチャイズなどの募集は一切行っておりません
===================
フランチャイズの募集は行っていない。

HERO’S:日本の企業が運営を行う店舗で2019年1月20日に表参道に実店舗をOPENした。
フランチャイズの募集を行っている。

2012年から運営していたティラミスヒーローと2019年1月20日に表参道にOPENしたHERO’Sは、まったく別会社であるのに、ロゴの類似、商品内容の類似などから問題となっているということだ。

HERO’Sはロゴの商標を取っていると反論していたが、ロゴ使用権をティラミスヒーローに渡すというコメントを発表した。

というものです。

企業の商標を管理するのは、法務部があれば法務部ですが、広報が行うこともあります。私自身、企業で広報を行っていたときは、代表からこの商標とれるか調べてみて、と何度か言われ、特許庁とのやり取りをしていました。
基本的に、弁理士という職業の方にお願いするのが良いやり方です。企業の大切な名前を守る仕事も広報の大切な仕事ですから。
余談ですが、株式会社ZOZOは、代表の前澤氏の名前の以下3つを商標登録を出願したそうです。
前澤友作
maezawayusaku
yusakumaezawa

ティラミス専門店「HERO’S」騒動めぐり謝罪、ロゴ使用権をシンガポール発のティラミス店に渡すと発表

ポイント
名前やロゴを守る大切さ。商標登録について

=====ニュースサイトから引用========
国内のティラミス専門店「HERO’S」は1月21日、シンガポール発の既存チェーン「ティラミスヒーロー」との類似が指摘されている件を受け、公式サイトで見解を発表した。同社では「ティラミスヒーロー」やキャラクターの商号・ロゴを取得していることを説明し、「他社のティラミスに関する商品とは関係ありませんので、他社の商品と混同されませんようお気をつけ下さい」と注意を呼び掛けた。
========================

=====ニュースサイトから引用========
ティラミス専門店「HERO’S」は1月22日、シンガポール発のティラミス店「The Tiramisu Hero」との類似が指摘されている件(関連記事)で、「THE TIRAMISU HERO」のロゴ使用権をThe Tiramisu Hero日本運営会社に渡すと発表しました。
========================

ニュースサイト
ティラミス専門店「HERO’S」騒動めぐり謝罪、ロゴ使用権をシンガポール発のティラミス店に渡すと発表(2019年1月22日)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/22/news088.html

三浦翔平起用のティラミス専門店「HERO’S」を巡り物議 人気店「ティラミスヒーロー」とコンセプトが酷似?(2019年1月21日)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/21/news112.html

【現地レポ】炎上中のティラミス「HERO’S」、オープン3日目なのに閑散 「バラ売り不可」で購入断念する客も
https://news.careerconnection.jp/?p=65972

ティラミスヒーロー
https://thetiramisuherojapan.com/

HERO’S
https://www.hero-s.net/
謝罪コメントページ
https://www.hero-s.net/contents/98/

株式会社gram
https://www.gram-inc.com/

特許情報プラットフォーム|J-PlatPat – J-PlatPat – INPIT
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

「ZOZO 」 社長の名前 “前澤友作”の商標登録を出願
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786821000.html

スターバックスのロゴについて1999年の訴訟。これ以降も別の会社といくつか起きています。
https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9_%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%A8%E8%A8%B4%E8%A8%9F

私見
昨日の朝のワイドショーで、このニュースが流れていたのですが、私は音だけ聞いていて、すごくすごく気になっていました。そして、謎は解明したい主義なので、調べたところ、このようなことが分かりました。名前やロゴは、会社の命です。それを勝手に使われるのは、人として、企業としてあり得ないことなのですが、よく起こることでもあります。だからこそ、自分や自社で守らなければならない。有名なカシオのG-SHOCKは、A-SHOCKからZ-SHOCKまで商標を押さえていると取材で聞いたことがあります。
http://pr-woman.net/interview/022-2/
この文章には書いてありませんが、実際今、特許庁のサイトでA-SHOCKとB-SHOCKを検索したら、カシオ計算機株式会社が商標登録をしていました。G-SHOCKは、世界にファンが多いので、おそらく海外でも商標登録しているのでは、と思います。ここまでして守るブランドなのです。その仕事をするのも広報。本当に広報の仕事の幅は広いです。
海外企業のロゴと似たものを日本企業が使っているというものでは、以前、スターバックスが日本に出店した際にも起きています。その後もスターバックスのロゴに類似しているという内容の訴訟はいくつか起きています。これについては、ぜひ調べてみてください。バンド名でもそういうことが数件起きています。これもぜひ調べてみてください。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/