広報気になるニュース:共働きの子育て、学生がインターン体験 働く現実学ぶ(2019.1.20)029

働き方改革、ワーク&ライフバランス、有給休暇の義務化など、働くということに対して過渡期にある日本。今日、紹介するのは、大阪ガスが取り入れている「ワーク&ライフ・インターン」だ。入社する前に、仕事をする自分の姿だけでなく、ライフイベント後の自分の姿をイメージするためのインターン。大阪ガスにとって、これはメインの業務ではないがニュースになる。今、広報ではこの形でのニュースの出し方も考えなくてはならない。毎日、新しいサービスや商品が生まれるわけではない。会社の仕組みや取り組みをニュースにするストーリーを作るのも広報の力だ。

共働きの子育て、学生がインターン体験 働く現実学ぶ

ポイント
本業だけがニュースではない

=====ニュースサイトから引用========
大阪ガスの「ワーク&ライフ・インターン」の一環。同社秘書部で時短勤務する中川さんの家での子育て体験だ。共働き家庭で家事・育児をどう分担し、仕事と両立しているか理解を深める。学生は帰宅した中川さんと最寄り駅で待ち合わせ、一緒に車で長女の保育園まで迎えに行った。帰宅後は子どもの面倒を見つつ、夕食を準備。食事をしながら、育児や仕事、キャリアについて質問を繰り返す。
========================

ニュースサイト
共働きの子育て、学生がインターン体験 働く現実学ぶ
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39905120R10C19A1TY5000

大阪ガス
http://www.osakagas.co.jp/index.html

スリール株式会社
https://sourire-heart.com/

ワーク&ライフ・インターンとは?
https://sourire-heart.com/intern/

私見
結婚&出産を現状、選んでいない私にはちょっと縁遠い話だったが、今の学生がそこまでイメージしたいと思っていることに驚いた。そもそも、自分が結婚するかどうか、子供を持つかどうかは分からないが、そうなった場合に、どういう生活ができるかを知りたいという気持ちはわかる。共働きが増えた今、特に女性に負担がかかることも多い。会社はどこまで何をしてくれるのか、だけでなく、働く人たちはどのような生活スタイルで日々を送っているのか? 今の時代、未来を見ることが安心を買うことにつながるのだろう。インターンの形が変わっていく。採用広報の新たな一歩だ。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/