広報気になるニュース:過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」高知・須崎市(2019.1.17)027

ここで取り上げるニュースが自治体のものが多いことにふと気づきました。という今日も、ご当地キャラ、観光大使に関するニュースをお届けします。企業に限らず、自治体も広報に力を入れる時代になりました。人気がでたことからクレームになることもあります(人気がないときは気づかれない)。今回のニュースは、過激な動画をアップすることで人気を得ていた、ゆるキャラちぃたん☆です。ちぃたん☆は高知県須崎市の観光大使と名乗っていたのですが、実は自称であったとのこと。実際に観光大使だったのは、本当のかわうそ(動物)のちぃたん☆で、その認定の際に動物が広報活動をするのは難しいということで、須崎市のご当地キャラを作っていらっしゃる方と同じ方に制作を依頼して作られたぬいぐるみのちぃたん☆が生まれたようです。須崎市としては、正式には認めていないがPR効果があればと黙認していたとのことですが、クレームが増えたこと、正式なご当地キャラ『ゆるキャラグランプリ2016』のしんじょう君と似ていることで間違えられることが多いことから、今回の発表になりました。観光大使である動物のちぃたん☆にくっついて、観光大使っぽい活動をしていたようですが、動物のちぃたん☆は広報活動があまりなかったことから解任とのことで、合わせてゆるキャラのちぃたん☆も解任(そもそも自称でしたが)となったようです。ただ、ちぃたん☆は、今後もゆるキャラとして活動していくとのことです。

過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称

ポイント
正式な契約の大切さ。目立つことから生まれるクレーム。契約書を結ぶ意味

ニュースサイト
過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
https://mainichi.jp/articles/20190116/k00/00m/040/003000c

須崎市
https://www.city.susaki.lg.jp/

ちぃたん☆Twitter
https://twitter.com/love2chiitan

Chiitan 妖精ちぃたんYoutube
https://www.youtube.com/channel/UCYP74UdjGuuQQB1xuX49rWg

ちぃたん☆の管理会社
http://charando.love/

しんじょう君オフィシャルサイト
https://shinjokun.com/

しんじょう君Twitter
https://twitter.com/susaki_city_pr

私見
企業と企業の間での約束は契約。それは書面でやり取りするものです。口約束や黙認はとても怖いです。SNSで気軽にやり取りができる時代になったからこそ、片方の思い込みがいつのまにか正しいに見えてしまうことがあります。今回が、まさにその例で“黙認”という言葉が使われています。迷惑をこうむるまでは、それで問題ないかもしれませんが、問題が起きたときにきちんとした契約がないことが問題になります。時には契約書があっても、その内容について裁判になることもあります。企業と企業や、企業と自治体が共に何かを作り上げることは素晴らしいことだからこそ、お互いの思いや温度に差ないか、契約時から内容が変わっていないかなど、定期的に確認することが必要です。契約書を作るのは、法務部がある場合は法務部ですが、ない場合は広報部が行うこともある。できるだけ専門家を入れたうえで、フォーマットを作ることをオススメします。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/