広報気になるニュース:「義務」になる有給休暇の取得。(2019.1.15)025

会社員の方は、2019年4月1日から有給の取得が義務化されることはあたり前にご存じなのでしょうか?私自身、正社員8年3ヶ月と約3年。計11年経験しているので、有給をいただいたことはありますし、ありがたいことにすべて消化したと思います。
働き方改革が叫ばれるなか、有給を取ることさえも義務にしないと自分の働き方を決められないように思えて、少し残念な気持ちになりました。ただ、こういうった制度の変化は、広報にとってはニュースを産み出すチャンスです。○○に伴って、弊社ではこのような取り組みをスタートします。というリリースが書けるからです。○○の部分がユニークであるほど、注目されることでしょう。社会的に意味のあるものにするか、とにかく面白いものにするか、会社の業態に絡めたものにするか、それぞれ広報の手腕が問われるところです。

これからは「義務」になる有給休暇の取得。その具体的内容は?

ポイント
自社の取り組みを発信する機会

=====ニュースサイトから引用========
有給休暇の取得率向上のため、2019年4月1日から有給休暇の取得義務化が始まります。これまでは有給休暇は働く人の権利であり、会社に取得させる義務はありませんでした。しかし、この制度の導入によって、有給休暇を取得させることが会社の義務になります。
========================

=====ニュースサイトから引用========
通常の有給休暇は、自分で休みたい日に休みます。しかしこの制度は、会社が日を指定して休ませる形になります。

ただし、すでにこの制度とは別に自主的に5日以上取得している人や、計画年休制度で5日間付与されている場合は対象外となります。1年に5日以上有給休暇を取得させることが目的なので、すでに5日以上取得している(または計画年休により取得予定)の場合は、目的を果たしているということです。
========================

これからは「義務」になる有給休暇の取得。その具体的内容は?
https://limo.media/articles/-/9251

年次有給休暇の時季指定義務 – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/000350327.pdf

有給休暇とは
https://bizhint.jp/keyword/14168

月刊総務オンライン
https://www.g-soumu.com/index.php

日本の人事部
https://jinjibu.jp/

私見
決断するのが苦手な日本人。私にはそんなイメージがあります。私自身もひとつの決定をするのに4年もの時間をかけてしまったこともあり、あまり人のことは言えません。ただ、有給だけはしっかりいただいておりました。新卒で働いた会社では、後半、月に一度東京に来ていたので業務に迷惑が掛からない範囲で休みをいただきました。また、ITベンチャー時代は、なかなか休めませんでしたが、最後に有給消化をし、その間に舞台に出るというチャレンジをしました。有給期間内は稽古期間になりました。正直、いつ休んで何に使うかは自由です。ただ、自由は意外と難しいです。白い紙を与えられ好きなものを書いてください、と言われて戸惑う方が多いのと同じです。自由を望みつつ、与えられると戸惑う。誰かに決めてもらうものは楽ですからね。私が大切にしている言葉に、

しがみつくより手放す方が、はるかに力を必要とする。(J.C.ワッツ)

があります。現状維持や休まないを選択するのは実は新しいことをするや休むより力がかからないのです。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/