広報気になるニュース:「一杯3000円」の微妙なコーヒーが売れる理由(2019.1.14)024

100円ショップに並ぶ様々な商品。今の時代100円で買えないものがあるのか? と思うほどバラエティに富んだ商品が店内に並んでいます。正直、40年前には100円ショップという独立した店舗は身近にはありませんでした。ある部分では物価は下がっているのではないかと思います。しかし、広報担当者は安く売ることをアピールすることが仕事ではありません。商品の魅力を伝え、この商品であればこの金額を出しても欲しいと思ってもらうこと、また実際に購入後の満足感までをも伝えることが仕事です。この記事では、渡辺直美さん、コピ・ルアク(コーヒー)、50円玉、ダイソンのドライヤーが、具体例として紹介されています。あなたの会社の商品、あなたの会社自身、そしてあなた自身は、それだけのアピールポイントがありますか? これはどの業界にも言えることだと思います。

「一杯3000円」の微妙なコーヒーが売れる理由

ポイント
希少価値、レア感こそ、購買意欲をそそる

=====ニュースサイトから引用========
希少なものは高い価値を持つ。しかしそれだけでは不十分。高く売れるには、市場が求めていることが必要なのである。
========================
=====ニュースサイトから引用========
①自社の商品が提供する価値だけでは、お客さんは必ずしも買ってくれない。
②お客さんが求めている価値と重なっていることが必要だ。
③しかし、これだけでもダメだ。競合がその価値を提供できない場合に、お客さんは初めて希少性を感じ、高いお金を払おうと考える。
========================
=====ニュースサイトから引用========
「高く売る」答えは、現場にある。現場でお客さんのことをつぶさに観察し、徹底的に考え抜くことが、ターゲットのお客さんを絞り込み、高い価値を生み出すことにつながるのである。
========================

「一杯3000円」の微妙なコーヒーが売れる理由
https://toyokeizai.net/articles/-/258654?page=1

渡辺直美さん(Instagram)
https://www.instagram.com/watanabenaomi703

コピ・ルアク(コーヒー)
http://yukihiro.hatenablog.com/entry/2016/05/07/211220

映画『最高の人生の見つけ方』
https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2452/

6000円の価値を持つ昭和62年の50円玉
https://antique-coins.xyz/?p=999

ダイソンのドライヤー
https://www.dyson.co.jp/haircare/

私見
希少価値、レア感、ブランド。これらは、考え方次第で同意になります。そして、広報が一番注目すべきは、他社との差別化。それがブランドになり、レア感になり希少価値なります。先日紹介した恵方巻きの生産量と食品ロスは、完全に対極にあるものです。人は買えなかった悔しさを覚えており、次の年は絶対に手にいれようと思うものです。本当に欲しいものには価格はある意味関係ないという方もいるでしょう。ブランドというのはそういうものです。私自身は、偉そうに言ってしまうと、自分自身がブランドになってしまえば、ブランドの服を身に付ける必要がないと思っています。実際、私の周りにはブランドに頼らない、自らブランドという女性もたくさんいます。彼女は安価のノーブランドの服を着ていても、そうは見えない。彼女自身が放つ力が商品価値を上げてしまうからです。そして、私自身、今年通販で買い損ねて悔しい思いをした商品があります。おそらく私はその商品のことを忘れないと思います。そのくらい悔しかった。同じ商品が発売されたら必ず買うでしょう。戦略にハマっているのかもしれませんが、またそれも広報手腕のひとつだと思います。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/