広報気になるニュース:JR東日本が無人駅の活用事業プランを募集(2019.1.1)011

明けましておめでとうございます! 2019年が始まりました。
昨年末から始めたこの投稿。毎日更新を続けていけるように頑張ります。

そして、みなさまにとって佳き年になりますよう。

JR東日本が無人駅の活用事業プランを募集…資金をクラウドファンディングで調達

ポイント
多くの人を巻き込んでいく。

=====ニュースサイトから引用========
「駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していく」という、「JR東日本スタートアッププログラム」の一環として行なわれるもので、地域の素材や食文化を活用した商品や個性的な技術が生きた商品、ナショナルブランドにはない特徴を持った商品を開発する「地域商品のリプランディング部門」、駅を地域の拠点として賑わいを創出する「無人駅の活用部門」からなる。

「地域商品のリプランディング部門」は法人のみが募集対象となるが、「無人駅の活用部門」は個人も対象となる。
=========================

JR東日本の無人駅がどのくらいあるのか、どのエリアにあるのか、から調べないといけないのですが、鉄道(交通機関)とのコラボは様々なものが考えられそうだ。ニュースは12月4日に出たもので、締め切りは1月9日まで。個人でもOKな部門があるので、お正月に考えてみるのもありだろう。

なかなか自社の商品やサービスがニュースにならないという企業の方は、こういうコラボに乗っかるのは手だ。“JR東日本はPRをそれぞれサポート”という言葉も広報担当者には見逃せない。小さな会社は、なかなか掲載が難しい媒体にも掲載される可能性が出てくる。

JR東日本が無人駅の活用事業プランを募集…資金をクラウドファンディングで調達
https://response.jp/article/2018/12/04/316820.html

私見
企業コラボは、個人的に今後考えていきたいと思っていることのひとつです。ただ、相手が大きいとうまく使われてしまうこともあるので、自社の意見をしっかり持つことはとても大切です。クラウドファンディングは、以前関わったことがありますが、お任せにしていると大変なことになります。ただ、その経験さえも、今後に生かせると思っています。クラウドファンディング会社も増え、多くの方が利用されています。担当者は、契約書をしっかり読み、条件の確認を忘れずに。

そして、2019年一発目のニュース。可能性を上げ、奇跡を起こすことができるかもしれないニュースを選ばせていただきました。
本年もよろしくお願い致します。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)

#広報気になるニュース


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/