広報気になるニュース: 渋谷カウントダウン、混乱なくせ 人出分散へ逆転の発想(2018.12.28)007

新年を迎える瞬間の渋谷。毎年、多くの人が集まるという。私は帰省していることが多く、その時間帯の渋谷を知らないのだが、逆転の発想でハロウィンのときのような騒動を避ける方法が数年前からとられている、という。

渋谷カウントダウン、混乱なくせ 人出分散へ逆転の発想

ポイント
イベント化することで、秩序を持たせる

10月31日のハロウィン、またその直前の週末の渋谷は、人が溢れ非常に危険な状態になる。楽しむために集まった人たちだが、ルールのないためそれぞれが自分ルールで動くことで混乱が起こる。今年は、逮捕者も出た。

数年前から、カウントダウン時には渋谷では、イベントを開催しているという。イベントを開催することで、人は目的をもって集まってくる。そこには、秩序ができる。そして、人が分散する。それによって、混乱を避けることができるというものだ。

ニュースの内容を読むと、“主催者がいなかったことが混乱の原因の一つと指摘され”という言葉がある。
ある一定人数が集まる場では、場を仕切る人が必要になる。一人ずつに悪意はなくても、集まればそれだけで気持ちが大きくなり、通常やらないことをやってしまうこともある。

新年を気持ちよく迎えられることを祈る。

=====ニュースサイトから引用========
イベントをあえて複数開くことで人出を分散させるという「逆転の発想」だ。今年も31日午後10時半から翌1日午前1時まで、渋谷駅周辺に複数の会場を設ける。2015年は公務執行妨害容疑で5人が逮捕されたが、イベントが始まった16年は逮捕者ゼロ。昨年は傷害容疑の1人だった。

 一方、イベント化によって来場者は増え、区によると、昨年は16年より3万3千人多い10万人が参加したという。今年も数万人の人出が予想され、実行委は民間の警備を強化する。
=========================

渋谷カウントダウン、混乱なくせ 人出分散へ逆転の発想
https://www.asahi.com/articles/ASLDV6VQNLDVUTIL057.html

私見
個人的に、人ごみは苦手です。ハロウィンの夜は自宅で過ごすことが多いですが、数年前、仕事で渋谷に居たことで、まさにの現場に遭遇しました。たまたまタレントとカメラマンと一緒だったので、この際撮影をしよう、ということで撮影をしたのですが、そうでなかったら、一目散に帰ったでしょう。
人は楽しむというポジティブな同じ目的をもって少人数で集まってきても、その人数が増えたとき、思いもしない行動に走ることがあります。
「集団の心理」というものです。
http://karapaia.com/archives/52138524.html

こんな研究結果もあるようです。
https://note.mu/umezuyukie/n/n0cadb6cf4b6e
=====引用=====
このたび米マチューセッツ工科大学(MIT)、カルフォルニア大学バークレー校、カーネギーメロン大学の合同研究チームが脳のMRIスキャンによりこれらの心理を裏付ける脳の動きを発見した。それによると、人間は集団の一員として行動している時、脳の「倫理」と「内省」に関係する領域の活動が弱まることが分かったという。
要するに、人は集団で行動すると道徳観が薄れ、倫理思考ができなくなるということだ。
============

渋谷のカウントダウンイベント
https://www.enjoytokyo.jp/feature/newyear/event/tokyo3.html
東京のカウントダウンイベント
https://www.enjoytokyo.jp/feature/newyear/event/

平和に2019年を迎えられることを祈ります。
2019年にここで紹介するニュースが良いニュースでありますよう。年内まだまだ更新は続きます。

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信します。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/