広報気になるニュース:アパマンが住民説明会 被害状況聞き取り スプレー缶240本(2018.12.23)002

昨日からスタートした、広報気になるニュース。できる限り毎日、更新していきたいと思っています。
良いニュースをお届けしたいのですが、昨日の続き、残念なニュースになってしまいました。

アパマンが住民説明会 被害状況聞き取り スプレー缶240本

本日は、12月16日午後8時半ごろに発生した、北海道での爆発火災について。
22日に、運営会社アパマンショップリーシング北海道が、被害に遭ったマンション住民らを対象に説明会を行ったとのこと(内容は非公開)。

ポイント
アパマンショップリーシング北海道は、2018年1月1日にアパマンショップホールディングスから称号変更したAPAMAN株式会社の連結子会社。こういった事故が起きたとき、連結子会社も本社同様に扱う必要があると考えています。連結子会社は、決算の関連もあります。
ただ、サイトを探していくと、この店舗はフランチャイズではないかという記載もあり、APAMAN株式会社からは謝罪文のみなのではないかという書き込みもありました。しかし、昨日同様、見る人にとっては、アパマンの看板をもって営業している会社です。その点が非常に気になります。
http://www.apamanshop-hd.co.jp/corporate-group/

アパマンショップリーシング北海道
http://www.apamanshop-leasing.co.jp/

APAMAN株式会社
http://www.apamanshop-hd.co.jp/

=====ニュースサイトから引用========
捜査関係者によると、店内には240本以上の缶があった。また事故当日の昼ごろ、店の外で男性2人が両手にスプレー缶を持ち壁に向かって噴射しているのを近所の人が目撃。
========================

=====ニュースサイトから引用========
出席した住民の一人は「持ち帰って検討する、という回答ばかり。どこまで補償されるのかが分からず、先が見えない」と話した。
========================

スプレー缶の本数が増えている点に注目。こういうことはよく起こるのですが、最初から正しい本数を伝えた方が、誠意を感じます。今は隠すことができない時代ですから。
また、説明会での様子も、その場で回答できないことが多いということは理解できますが、このような印象を持たれてしまうと厳しいですね。

以下、ニュースサイト
https://mainichi.jp/articles/20181222/k00/00m/040/256000c
https://mainichi.jp/articles/20181222/k00/00m/040/208000c

私見
昨日の説明会の様子は非公開ですが、ずっと気になっていることがあります。謝罪会見の時に、アパマンショップリーシング北海道の社長の顎が上がっていたことです。人の表情や仕草を研究する学問がありますが、一般的に顎が上がっていることは自信の表れと言われています。お詫びの際は、普通であれば、顎が下がるのではないかと思うのです。
https://newstyle.link/category16/entry595.html

謝罪会見の動画
https://www.youtube.com/watch?v=Cpap5B7ndPQ

このページの写真の瞬間がとても気になりました。
https://brandnew-s.com/2018/12/18/apamansyacho/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)


●アナウンス
広報ウーマンネットでは、コミュニティメンバーを随時募集中です。
会費等はかかりません。みなさまの情報を無料で1200名のメンバーに配信。
また、2019年~はオンラインでのセミナーも開催しますので、遠方の方もぜひご参加ください。
セミナーは一部有料のものもございます。
以下より、「広報ウーマンです」を選んで、送信してください。会社名をご記入いただけると助かります。フリーランスの方は、フリーランスとご記入ください。これから広報を学びたい方は、「広報職につきたい」とご記入ください。
http://pr-woman.net/contact/